MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

富山地方鉄道が市内の路面電車もICOCAなど全国交通系ICカードを導入!2021年10月10日始発から利用開始



富山地方鉄道、 富山市、JR西日本の3者は2021年9月10日付けのニュースで、 富山地方鉄道が運行する市内電車において、ICOCAなど全国10種類の交通系ICカードによる運賃決済を導入すると発表しました!来街者に対する利便性の向上や、富山駅の交通結節機能強化、キャッシュレス化の推進を図る為に、全国交通系ICカードが利用可能になります。

【出展元】
市内電車でICOCA等の全国交通系ICカードが 利用できるようになります

 



全国交通系ICカードの利用開始日は2021年10月10日の始発からで、利用可能エリアは富山地方鉄道が運行する市内電車全エリアとなります。鉄道線や路線バスは利用不可なので要注意。また、「ecomyca(えこまいか)」、「passca(パスカ)」はこれまで通り利用出来ます。利用方法は、市内電車の車両降車口に新設された、専用のカードリーダにタッチすることで決済が完了します。運賃は大人210円、小人110円で、ICカード利用割引はありません。

 

 

 



利用できる交通系ICカードは、ICOCA、Kitaca、Suica、PASMO、manaca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類。富山地方鉄道の営業窓口や車内では、カードの販売やチャージは行なっておらず、最寄りのコンビニやJR駅での事前チャージが必要になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です