【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

『らくやんライナー』阪神初の有料着席サービス!本格導入に向けた試験運行【12月23日、1月6・13・20日の4日間に臨時運転】


阪神電鉄は2022年12月1日付けのニュースリリースで、同社初となる有料着席サービス「らくやんライナー」を12月と1月の繁忙日に臨時運行すると発表しました!同社が着席保証を謳う、定員制の有料列車を運行するのは初めてとなります。運行日は12月23日、1月6日、13日、20日の4日間で、いずれも金曜日で、忘新年会シーズンの混雑日に設定されています。

【出展元】
【期間限定】夜間有料臨時列車(らくやんライナー)の 運行について

 

運転区間は「大阪梅田〜青木」



運転区間は大阪梅田駅を始発、青木駅を終点とする、20:19 発、21:43 発の計2本を運行。 大阪梅田駅と野田駅は、乗車専用、尼崎駅以西の停車駅には、降車専用となります。

 

整理券をホームで前売りする「ライナー方式」


「らくやんライナー」は、1列車180名の定員制で、各車両を30人程度として確実に着席できます。大阪梅田駅からの乗車は1〜5号車(150席)、野田駅からは6号車(30席分)が用意されます。両駅でホームの係員から乗車整理券を購入することで乗車が可能。整理券の販売は発車10分前からで、均一200円。現金のみ購入可能です。

 

一部はロングシートとなる「らくやんライナー」


車両は、クロスシートを搭載している9300系、8000系の前期型を使用する予定ですが、運用の都合でロングシート車が充当される可能性もるそうです。今回の臨時運行は、本運用に向けた試験的な意味合いがあり、乗車時には、有料着席サービスについてのアンケートを実施します。営業距離が短い阪神電鉄において、有料着席サービスを導入するかどうか?の検討を行う事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。