新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

大阪オフィスビルのグレードA空室率は0.2%、オールグレード空室率も1.2%で需給逼迫



 

出展:https://www.cbre.co.jp/-/media/files/japan/jomv/cbre_newsrelease_20190724_jp.pdf?la=ja-jp

 

CBREは、2019年第2四半期の全国13都市のオフィスビル市場動向を公表しました。それによると大阪オールグレード空室率は1.2%で、1993年の調査開始以来の最低値の更新が続いている事が明らかになりました。立地やグレードを問わず、スペースを確保しようとするテナントが多くみられる中、新規供給が本格化する2022年以降まで需給の緩和は考えにい為、空室の希少性が期を追うごとに高まっている状況です。

大阪オールグレード賃料は対前期比+1.7%の 13,440 円/坪。大阪グレード A 空室率は対前期比-0.3 ポイントの 0.2%でした。大阪グレードA賃料は対前期比+3.5%の 25,200 円/坪と、初の 25,000 円台を記録しました。需給逼迫が続く中、賃料はさらに上昇するとみられ、CBREは向こう1 年間でグレードA賃料は 3.5%の上昇を予想しています。

 

 

 



大阪都心部ではインバウンド需要の高まりに伴いホテルの建設が相次ぎ、タワーマンションの需要が堅調だった事から、大型ハイグレードオフィスの新規供給が極端に少なくなっていました。最近ようやくオフィスビルの新規案件が数件浮上しオフィス不足解消に向けた動きが出始めています。

 

【2025年竣工予定】淀屋橋駅東地区都市再生事業の計画概要が発表!【高さ約 150m】



【2024年3月竣工予定】大阪中央郵便局跡の再開発「梅田3丁目計画」建設工事の一般競争入札を公告!



【2021年10月竣工予定】(仮称)本町サンケイビルは延床約3万平米、地上20階、高さ101.7mの高層ビル!



【2022年10月竣工】日本命淀屋橋ビルの建て替えが正式発表。新ビルは高さ約123mの超高層ビルに!

4 Comments

摂津

生駒府民さん

それを考えるとやっぱり大阪関西万博の開催は大きいね。

谷町百丁目

新規のオフィス計画は遅れているだけで必ず来るから大丈夫と言ってきましたが、いよいよ供給ラッシュが近づきつつあると思います。

ただ、建設業界の人手不足は確かに相当深刻そうですね。
こんな時だからこそ、建設現場に関わる新技術やイノベーションにも期待したいです。

ころろ

大阪圏での公共、民間とも投資が旺盛で、投資が投資を呼ぶ状況が続いていますね。
予測でも堅調な状況が続く予報が大勢を占めてますので、現在の建設ラッシュが続くものと思われます。
ただ、都心におけるタワマンの建設がホテルおよびオフィスの着け換わった形になってますので、マンション需要に対する供給が追いつかなくなる可能性も出てきています。
それの補填ということで、郊外でのマンション供給が進む可能性も同時に生まれていますので、郊外での大規模開発計画もでてくるかもしれませんので、面白いです。

問題となるのは、建設需要に対する供給の圧倒的不足でしょうか。
施工業者そのものが足りておらず、計画を立てても施工業者が見つからないは当たり前、見つかったとしても順番待ちを強いられています。
加えて、人手不足が深刻で、竣工予定日に間に合わないことも日常茶飯事に既になっています。
建築業従事者の待遇の更なる改善となり手となる労働者の斡旋が急がれるところです

生駒府民

消費増税もあり、国際情勢も怪しく、景気が悪くなりそうで本当に怖い
それでも大阪中心部はまだマシな方なのかな
相対的にマシ、程度では良くはないと思うけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です