【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【再開発の種】淀屋橋ツインタワー計画の現地の状況を見てきた!



都市伝説化していた再開発計画が再び動き出しました。日経関西によると、御堂筋の淀屋橋付近で構想されていた通称「淀屋橋ツインタワー計画」が具体化し、地上28階建ての超高層ビルが2棟同時に建設される事になりました。

計画地は御堂筋と土佐堀通の交差点の東西の角地で、東側敷地が約3900平米、西側敷地は約7200平米。東側は日本土地建物と京阪電鉄が、西側は大和ハウス、住友商事、住友生命、関電不動産開発、ミズノ、白洋舎などビルを保有する11者が事業主体となります。

新ビルは東側が高さ150m、西側が135mで延床面積は2棟合計で20万㎡を超える大型開発とります。大阪市は御堂筋の玄関口の角地にデザインを調和させた「ゲートウェイ」となるシンボリックなビルを同時開発する事で沿道の価値を高められると判断し容積率を通常1000%の容積率が1600%に緩和します。新ビルの完成予定は2024~25年頃との事です。

 

【2024~25年完成予定】都市伝説化していた「淀屋橋ツインタワー計画」が再始動!高さ150m・135mの2棟を同時に建設『御堂筋ルネッサンス』の始まりか



 

 

 

まずは西側敷地の様子です。住友生命淀屋橋ビル、大阪東銀ビル、石原ビル、白洋舎淀屋橋ビルなどビルを保有する11者が事業主体となり、約7200㎡の土地を一体的に開発する事になりました。容積率は1600%に緩和され、高さ135mの超高層ビルが建設されます。

 

 

 

 

大阪東銀ビルの様子です。

 

 

 

 

続いて東側敷地の様子です。日土地淀屋橋ビル(写真手前)、京阪御堂筋ビル(旧:東京建物大阪ビル)(写真右奥)の2棟の敷地を一体的に開発し高さ150mの超高層ビルが建設されます。東側敷地は約3900平米の広さがあります。

 

 

 

 

日土地淀屋橋ビルの様子です。

 

 

 

 

最後は南東側から見た京阪御堂筋ビル(旧:東京建物大阪ビル)の様子です。

6 Comments

Akira

御堂筋のゲートにふさわしいゴージャスなツインタワーを期待しています。
高層ビルの低層階には商業施設、北側には広場も整備されます。
このエリアには日本銀行、中央公会堂、図書館などの重厚な近代建築が保存されていますので、
ツインタワーと近代建築の都市景観がうまく調和するでしょうね。

三刀流

ツインタワーのゲートビル、楽しみです。高さ、デザインだけでなく、色彩もそれにふさわしいものを期待します。看板を含めて赤などケバケバしくならないように願いたいです。
次は「住友村」ですか?
再開発の連鎖が始まりそうですが、住友本店ビルや大阪倶楽部など、保存すべき建物はメンテナンスをしっかりして残してほしいです。

ロング

JUNKさん>

2011年に「東京建物大阪ビル」から「京阪御堂筋ビル」に改称さていました。
本文を訂正しましたのでご確認ください。

副首都

流れが完全に変わってきた。
老朽化とはいえ、建替え計画が目白押し、特にツインタワーはうれしい。
朝日の報道では18年で大阪への本社流入と流出はほぼイーブンになったらしい。
そのうえいずれの建て替えも創業拠点を設ける予定であり、今後は現在6%しかないIPOも増えそう。流れが変わる象徴にツインタワーがなれば、まさに大阪再生のゲートタワーになる。

JUNK

東側の茶色のビルは東京建物大阪ビルという名称でしたっけ?
京阪御堂筋ビルだと思ってました^^;

o-kinix

ここ通るるたびに
西側はどうにかならないかと思っていたのですが
東側も同時に超高層で再開発とは嬉しい限りです

まさにゲートタワーですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です