新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【竣工】阪神本線ー甲子園駅リニューアル工事の状況 18.08


阪神本線ー甲子園駅は駅の老朽化が進みバリアフリーの観点からも問題があった為、駅の大規模リニューアルが行われました。リニューアルされた甲子園駅は、上下ホームを野球ボールの「白球」をイメージした大屋根で覆うなど、以前とは比べ物にならないほどの変貌を遂げました。
 

 

th_IMG_0519_20170326142232a22.jpg

改良工事後の甲子園駅の構内図です。

 

 

 

 

 


前回は2017年03月に取材しましたが、その時はホーム端が仮設状態で完成していませんでした。一年以上の時間を開けて再訪すると、仮設だった部分もすっかりキレイになり工事は完成していました。

 

 

 

 

 

 


繁忙時に使用される「降車専用ホーム」から見た大屋根の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


降車専用ホームから大屋根を見通した様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


梅田方面行きホームから見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 


三宮側のホームの様子です。こ大屋根の下意外の部分もまるで新設の駅の様に新しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 


神戸三ノ宮方面のホーム端の様子です。ご覧の通り今回の改良工事により神戸側に目測ですが約2両分ほどホームが延伸されました。将来的に阪神なんば線直通の快速急行を8両化し、尼崎駅での増解結作業を無くして到達時間の短縮を図る為の布石と思われます。

 

 

 

 

 

 

 


降車専用ホームと臨時改札口付近の様子です。

 

 

 

 

 

 

 


降車専用ホームから東口改札を見下ろした様子です。

 

 

 

 

 

 

 


平常時は解放されていない、降車専用ホームから改札階に向かう階段の様子です。

 

 

 

 

 

 

 


降車専用ホームに設けられている臨時改札の様子です。自動改札機がタイガース模様にラッピングされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 


西口改札内コンコースの様子です。

 

 

 

 

 

 

 


最期は、ガラススクリーン越しに見た巨木の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です