MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況20.01【2023年春開業】

 


JR東海道線支線地下化・新駅設置工事は、梅北2期地区西端を南北に走る東海道線支線(約2.4Km)を梅北エリア中央部に移設・地下化する事業で、JR西日本が北側の先行着手工区(約310m)の施工者を錢高組・西松建設JVに決定し建設工事が始まりました。開業は2023年春を予定しています。

【出典元】
大阪市HP7回大阪駅周辺地域部会を開催しました PDF
日刊建設工業新聞>北側先行工区、錢高組JVが施工/うめきた2期基盤整備に連動
大阪駅北地区におけるJR東海道線支線地下化等について
PDF

 
【過去記事】
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況19.06
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況19.04
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況19.02
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況18.11
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況18.05
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況18.03
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.12
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.09
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.08
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.06
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.01
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.07
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.02
JR北梅田駅(仮称)の建設工事がついに動き出す!JR東海道線支線地下化・新駅設置工事が年内に始まる見通し
 




出展:JR東海道線支線地下化事業

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事はうめきた2期基盤整備に連動しており、2期開発区域を対象とした土地区画整理事業と一体的に実施されます。大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎6丁目から福島区福島7丁目に至る約2・4キロで、途中、ボトルネック踏切1カ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2カ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。総事業費は540億円です。

 

 

 

 

 

2020年1月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2019年6月だったので、約7ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

南1工区の様子です。日本通運大阪支店の解体が終わり新線の建設工事が始まっていました。

 

 

 

うめきた2期エリア全体と東海道線支線地下化・新駅設置工事の様子です。

 

 

 

駅部工区の様子です。うめきた新駅(大阪駅地下ホーム)は2面4線の駅になります。壁全体が動く新型ホームドアなど、最新テクノロジーを盛り込んだハイテク駅になる予定です。

 

 

 

 

北3工区の様子です。

 

 

 

北2工区の様子です。

 

 

 

撮影ポイントを変えて低い視点から見た現地の様子です。

 

 

 


最後は西側、福島駅方面を見た様子です。

6 COMMENTS

三刀流

「北3工区の様子です」と写真説明を変えられましたね。えこさんが書かれたとおりだったんですね。。

三刀流

写真で見せてくれると、大きなプリジェクトというのが実感できますね。
阪急延伸工事が始まると、改めて掘り返すのですかね。なんとかなりませんか。
ところで、えこさんが書かれていますが、北2工区は一番早く先行して着手された工区です。本当に「このあたりの掘削工事はこれから行われます」ですか? 本当なら、ずい分遅れているように思うのですか?

えこ

記憶違いでなければですが、
北2工区は完成して埋め戻されてませんでしたっけ?

ぽてちん

最新のハイテク満載の真新しい駅をローテクな貨物列車がガタゴトと音を立てて通過して行くところが見れるんですねぇ。
なんだか待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE