MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

京阪の5ドア車『5000系』の5扉運用が1月29日(金)に終了!12月20日から誕生50周年記念イベントを開催


出展:京阪電気鉄道

京阪電気鉄道は、2020年12月9日付けのニュースリリースで、京阪本線・鴨東線・ 中之島線を走行する5ドア車『5000系』の5扉運用を1月29日(金)をもって終了すると発表しました。5000系は、ラッシュ時には5扉すべてを使用することで乗降をスムーズにし、それ以外の 時間帯には2扉を締め切り、扉上部に格納していた座席を下降させ座席数を増やすことがで きる特徴ある車両として1970年12月に運転を開始しました。

【出展元】
→5000 系誕生 50 周年記念イベントを開催します

 


出展:京阪電気鉄道

5000系が導入された当時は激増する利用者に輸送力増強が追いつかず深刻な混雑状況で、特に最混雑時間帯における普通列車の乗降時間の増大を原因として、特急・急行を含む全列車のダイヤの乱れが常態化していました。その為、普通列車の乗降時間を短縮し、かつ7両編成という限られた編成両数の中でさらなる輸送力の確保すべく5扉車の5000系が導入されました。

 

 

 


出展:京阪電気鉄道

京阪電鉄は、京阪本線・鴨東線・ 中之島線を走行する5000系が誕生50周年を迎えるにあたり、12月20日(日)から記念イベン トを開催します。 初日には、中之島駅コンコースで5000系誕生50周年を記念した新商品をはじめ オリジナルグッズの販売会を実施するほか、中之島駅ホームで「5000系座席昇降実演観覧 会」を開催。また、12月20日(日)から2021年1月24日(日)までの間、「5000系誕生50 周年記念スタンプラリー」を開催します。

なお、5000系は5ドア運用が終了するだけで引退が決まった訳ではありません。

2 COMMENTS

アリー my dear

京阪ホールディングスのニュースを見ると、京阪5000系の引退時期が今年9月頃に延期されるそうです。

アリー my dear

登場時は非常に画期的だった5ドアの5000系。
誕生から半世紀という節目、それと同時に終焉も近そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です