【再都市化ナレッジデータベース】

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー夜景編


数回にわたってご紹介してきた「サクラマチクマモト」。特集最後は「夜景編」です。サクラマチクマモトのライトアップは、階段状の軒部分にLED照明が取り付けられ、様々な色に変化します。規模が大きい事もあり、中々見応えがありました。

 

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー外観編



SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー屋上庭園編



SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー館内編



SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー熊本桜町バスターミナル編



 

 

 

寒色→暖色に徐々に変化して行きます。

 

 

 

 

寒色から暖色へ。タイミングによって全く異なる表情をみせてくれます。

 

 

 

 

ライトアップの基本色は、このピンクと白の組み合わせでした。

 

 

 

 

こちらは屋上庭園から見た熊本城ホールのホワイエの様子です。水盤に反射した姿がメチャクチャ綺麗でした。

 

 


最後は少し離れた場所から見たサクラマチクマモトの全景です。

1 COMMENT

西久保商店街

最初サクラマチができたらオーバーストアで中心街の人通りがサクラマチに奪われて通りが少なくなるのではと危惧したのですが、実際にはそんなにお店がたくさんあるわけではなく、建設前にあった地下街とデパートを合わせたくらいの店舗数なのかなと思いました。昔の供給数に戻った感じですね。そしてサクラマチの中にはカジュアルブランドはあるのですがハイブランドがないことから旧中心街の鶴屋と棲み分けをしてるのかなとも思います。あと本屋さんもないので、やはりわざと足りないものを作って中心街に人を流す企みなのかなと思いました。本やハイブランドが欲しければ上通りや下通りに行ってくれと。それと最近JR九州の社長が熊本駅ビルに百貨店を呼ぶつもりはないと言ってたので熊本駅ビルも棲み分けを考えているのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です