新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【祝・高架化完成!】阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業 Part4 (青木駅・ホーム編)



阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業は、 阪神電鉄の住吉駅から芦屋市境まで の約4kmの区間を連続的に高架化し、交差道路や側道の整備を行い、踏切の解消 と都市環境の改善を図る連続立体化事業です。この区間の高架化が完成すると11カ所の踏切が除却され、33カ所の交差道路で南北に分断されていた市街地が 一体化されます。

200611月に事業に着手、201104月から下り線(三宮方面行き)の高架工事が行われ、20151212日の始発列車から魚崎駅~芦屋駅間の下り線が、高架に切り替えられました。つづいて上り線の高架化工事が行われ、2019年11月30日(土)に上り線が高架線に切り替えられました!

【過去記事】
阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業深江駅 16.01(ホーム~軌道)
阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業深江駅 16.01(地上~改札階)
阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業青木駅 16.01 (ホーム・軌道)
阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業青木駅 16.01 (地上~改札階)

阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業深江駅 15.06
阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業青木駅 15.06

阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業青木駅 11.03
阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業深江駅 11.03

阪神本線鳴尾工区連続立体交差事業鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線鳴尾工区連続立体交差事業鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)
阪神本線鳴尾工区連続立体交差事業鳴尾駅 11.03
Untitled1_20110327230016.jpg
【事業概要】
○事業区間:阪神電鉄 住吉・芦屋間約4km
○除去する踏切: 11箇所
○整備する道路
・交差道路: 33路線(魚崎幹線、青木幹線、商船学校線、深江幹線など)
・側   道:  3路線(阪神沿北側線など)
○高架になる駅:  2駅(青木駅、深江駅)
 

 

 

特集4回目の今回は青木駅(おおぎえき)のホーム施設等をご紹介します。青木駅は、兵庫県神戸市東灘区にある阪神本線の駅です。駅番号はHS22。島式ホーム24線を有する高架駅で待避設備を備えています。今回、上りホーム(梅田方面行き)が高架化されました。

 

 

 

 

階段付近の様子です。

 

 

 

改札階に繋がるエスカレータ付近の様子です。

 

 

 

ベンチとエレベーター付近の様子です。最近のトレンドにあわせて、線路への転落事故軽減の為に、枕木方向にベンチが設置されています。

 

 

 

待合室の様子です。

 

 

 

待合室の内部の様子です。ガラス面が大きいので開放感があります。

 

 

 

 

上屋の様子です。H鋼を組み合わせたシンプルな造りです。

 

 

 

 

発車票は3色LED1段のミニマムな仕様です。

 

 

 

反対側の下り線ホームから見た様子です。

 

 

 

梅田方面の軌道の様子です。写真左側が今回高架化されました。

 

 

 

三宮方面側の軌道の様子です。

 

 

 


最後は三宮方面に向かう快速急行をパチリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です