新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

JR九州が「36ぷらす3」新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車を発表、”ビュッフェ”も復活!


JR九州は2019年11月21日付けのニュースリリースで新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車(観光列車)の導入を発表しました。名前は「36ぷらす3」。コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった”走る九州”といえる列車」で2020年秋に運行開始する予定です。

【出展元】
JR九州>黒い787「36ぷらす3」2020年秋運行開始!

世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る「36ぷらす3」

 


5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーっと詰め込んで、お客さまをお迎え。全ルート楽しんでいただき、お客さま自身が”36番目のエピソード”を語っていただきたいー そんな想いを込めて命名されました。この列車で、驚き、感動、幸せをお届けし、「お客さま、地域の皆さま、私たち」でひとつになって、39(サンキュー!)=「感謝」の輪を広げていきます。

 

 

787系電車(6両編成)全席グリーン、定員100名程度を予定

使用車両は1992年デビューの特急「つばめ」を皮切りに、現在も特急「かもめ」「にちりん」など九州各地で活躍している787系電車6両を改造しD&S列車として九州各地を飛び回ります。全席グリーンで定員は100名程度を予定。かつて人気を博した”ビュッフェ”も復活するとの事。デザインは、JR九州ではおなじみの水戸岡鋭治氏が担当します。

 

 

 

九州7県をめぐる、新たな運行ルート年間45週程度の運転を予定


「36ぷらす3」の運行ルートは木曜日に博多駅を出発し、月曜日までの5日間をかけて九州を1周します。運行時間帯は日中で、夜は地元のホテルや旅館に宿泊します。そのため、利用者の負担額は運賃・特急料金・グリーン料金の合計と予想されます。夜行列車ではない観光列車がどんな旅のプランを提供してくれるのか?今後の発表に要注目です!

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です