MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR京都線-岸辺駅橋上駅舎化


JR岸辺駅はJR京都線にある駅で、大阪駅から12分(10.0km)、京都駅から29分(32.8km)。現在橋上化工事が進んでいます。

■追跡取材リスト


 


 



南側から見た完成イメージ。採光面が多く曲線を基調としたデザインが特徴的です。


 


 




 



南北自由通路の完成イメージ。通路幅は6mです。


■屋根:透光性のある素材を使用し、自然光を取り込み、昼間の照明電力の低減を図ります。
■外壁:自然光を取り込むとともに、上部に開口部を設け、自然の風の流れを作り、夏季には外気温と通路内の温度差を作 らないよう配慮します。冬季には、開口部を閉めて風を防 ぎます。
■通路:幅6mを基本とし、中央部に休憩スペースを設けます。柱 を外側へ傾斜させることにより、空間に広がりを持たせ、 開放感を演出します。


 


 


 


 


 



南北分断を解消する為、自由通路はかなり長く線路や貨物駅をまたぎます。


 


 


 


 



岸辺駅は、吹田操車場跡地再生計画『東部拠点環境先進まちづくりプロジェクト』の中核駅に位置づけられ、今回の橋上駅舎化も吹田操車場跡地再生計画の一環 として整備が行われています。『東部拠点環境先進まちづくりプロジェクト』の具体的な開発内容はまだ解りませんが、吹田市が配布している全体ゾーニング図 を見ると相当の規模の開発計画だと言う事が解ります。

『東部拠点環境先進まちづくりプロジェクト』の大まかなゾーニングは、岸辺駅前が「医療健康及び教育文化創成ゾーン」として東西2ブロック(西2.7ha、 東2.9h)、駅の東側が都市型居住ゾーンとして5.2ha、駅西側は公園等となっています。もしかすると都市型居住ゾーンには「MUSEたかつき」の様にタワーマンションが数棟建設されるかもしれませんね。

【引用元】
→吹田市:東部拠点整備事業

 


 


 



インフラ整備が進む吹田操車場跡地。『東部拠点環境先進まちづくりプロジェクト』は「MUSEたかつき」に続く「郊外の大規模再開発計画」としてマークする必要がありそうです。





2 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>ichizo さま。
そうですね。吹田操車場にからんでいる3駅は再開発にタイミングを合わせているようですね。

ichizo

SECRET: 0
PASS:
殺風景な駅だな思っていたのですが、魅力的な駅前に様変わりしそうですね。
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です