MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

グランドリニューアルされる堺筋本町駅の状況 20.10

Osaka Metroは2018年12月20日に、地下空間の大規模改革としてリニューアルデザイン案を発表した15駅のうち、御堂筋線中津駅、梅田駅、心斎橋駅、動物園前駅、中央線堺筋本町駅の5駅のリニューアルデザインを正式に決定しました。昨年発表されたデザイン案はかなりぶっ飛んだ内容だった為、多くの批判的な意見が意見が集まり大炎上する事態となりました。

そのため、同社に寄せられた多くの意見を踏まえつつ、多様性を大事にし「各駅の地域性や歴史性を活かす」という方向性をより深掘りし、奥山CDOの監修のもとデザインコンセプトやデザインをブラッシュアップしたデザインを新たに発表しました。

 

【出典元】
Osaka Metro Group 2018~2024年度 中期経営計画
駅デザイン案をブラッシュアップ 5駅のリニューアルデザインを決定しました

堺筋線ー堺筋本町駅のホームドア(可動式ホーム柵)が稼働開始!







 

 

 

グランドリニューアルさる15駅はこちら



◆中央線:大阪港 (2021)、弁天町 (2022)、堺筋本町 (2021)、谷町四丁目 (2024)、森ノ宮 (2024)

◆御堂筋線:新大阪 (2019)、中津 (2019)、梅田 (2018)、淀屋橋 (2024)、本町 (2024)、心斎橋 (2020)、大国町 (2024)、動物園前 (2021)、天王寺 (2024)

【出典元】
Osaka Metro Group 2018~2024年度 中期経営計画

グランドリニューアルの完成イメージ


堺筋本町駅のリニューアル後の完成イメージです。コンセプトは「船場文化」 “ The SEMBA Culture ”。船場の文化・交通・物流の交わりを格子で表現しています。。新たに設置する可動式ホーム柵のステンレスなどの異素材と調和させ、歴史をベースに未来へと飛躍する船場を力強く表しました。

 

 



手仕事感が残る木調パネルと先進素材でありながら暖かみのあるチタン素材により和風モダンさと匠の交わりを表しています。

 

 

 

2020年10月の様子


現地の様子です。2020年2月28日からホームドアの供用が始まりましたが、その後の様子をご紹介して行きます。

 

 

 


グランドリニューアルが予定されている堺筋本町駅ですが、ホームドアの設置に続いてホーム床面が更新されていました。

 

 

 

 

 


反対側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 


張り替えられた床面はこんな感じです。

 

 

 

 

 


改札口付近の様子です。グランドリニューアルを控えているためでしょうか?案内サインは旧式のままでした。

 

 

 

 

 


新旧床面の比較です。左が新しい床、右が従来の床です。

 

 

 

 

 


中央線との乗り換え階段付近mの様子です。茶色のタイルが貼られた壁面ももう少しで見納めです。

 

 

 


ホームドアが設置されホーム床面が更新された堺筋本町駅(の堺筋線ホーム)。床面が新しくなっただけでも相当イメージが変わり駅が明るくなった印象です。今後、本格的なリニューアル工事が始まるのを楽しみにしています。

 

 

  2019年9月の様子

それでは大阪メトロから発表された完成予想図と現地を比べてみましょう!

 

 

 


現地の様子です。サインシステムなど古い施設がそのまま残っています。

 

 

 

 

続いてホームの完成予想図です。上の図は中央線ホームの様子です。ホームドアが描かれていますね。

 

 

 

堺筋線ホームの様子です。

 




最後は堺筋線ホームを見通した様子です。新入社員時代から愛用してきた駅、高度成長期の姿を遺すホーム。グランドリニューアル後は一気に令和の姿に生まれ変わる事になります。

1 COMMENT

アリー my dear

リニューアルでどんどん垢抜けて明るくなる、Osaka Metroの駅構内。
この堺筋本町駅もリニューアル後を楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE