新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

三宮ターミナルビル解体工事の状況 20.01【2020年5月まで】



JR西日本が建て替え計画を進める三ノ宮駅直結の三宮ターミナルビル。長らく動きが無かった案件ですが、解体工事が本格的に始まりました。現地に掲示されていた労災保険関係成立票によると解体工事は2020年5月年までとなっています。

三宮ターミナルビルは神戸ポートアイランド博覧会があった1981年に開業した駅ビルで、地上11階、地下2階建て、延べ床面積は約2万㎡。ホテルや商業施設「三宮OPA」、レストランなどが入居していましたが、耐震性能の不足が判明した為、建て替えが決定され2019年3月末で閉館しました。JR西日本が2018年04月に発表した中期経営計画の中でで、三ノ宮、大阪、広島駅の再開発を「3大プロジェクト」と位置づけられてています。




2020年1月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年8月だったので、約5ヶ月振りの取材です。少し低くなってきました。

 

 

 

 

行くビル来るビル。建設工事中の、と解体中の三宮ターミナルビルの様子です。

 

 

 

 

南東側から見た様子です。

 

 

 

 

最後は北側から見た様子です。三宮ターミナルビル跡地の再開発プランはまだ発表されていません。神戸市との調整に時間がかかっている事に加え、JR西日本は大阪駅西地区開発と広島駅ビルの建替えを進めるため、三ノ宮駅を同時に開発するのは厳しいのかもしれませんね。

4 COMMENTS

御影民

先日の神戸新聞によると、JR西の社長のインタビューで、施設の構成は、「商業、ホテル、オフィス」と有りました。
オフィスが有るかどうかで規模が異なると思いますので、うれしい情報です。
また、駅ビルを建てるだけでなく、街づくりにも積極的に参画したいと抱負を語っていました。
世間の悲観的予想を良い意味で裏切ってくれる開発に期待しております。

H

新駅ビルの発表はまだありませんが、あの古びたビルがカバーされタワークレーンが設置され閉鎖後放置されている訳ではないので、心理的に安心します。笑

北海道好きな神戸人

初めて書き込みます。大阪の再開発に圧倒されて、うらやましかった神戸人です。
ですがこれは震災の爪痕が強く仕方がなかった一面もあり、一昨年借金を精算したことでここへ来て神戸でも大きなうねりが出てきました。

・阪急三宮駅ビル(進行中)
・阪急高架下&さんきたリニューアル(進行中)
・バスターミナル&三宮東側再開発
・神戸市役所本庁舎2号館再整備(進行中)、中央区役所移転、ホール
・新港突堤開発(進行中)
・スマスイ リゾート開発
・阪神高速湾岸線延伸(進行中)
・神戸空港連絡ブリッヂ2車線化
・元町〜県庁周辺大型再開発
・西神(進行中)、名谷、垂水、鈴蘭台(完了)、リニューアル

また、これまで駐車場として塩漬けされていた三宮界隈の土地にもオフィスビルやホテルとしての開発が工事中、進行中、あるいは検討されています。
全国一渋滞している阪神高速神戸線に対しては、悲願の湾岸線が延伸されたことで神戸経済への影響は大きく、これは名神やポーアイにも接続されるため物流のみならず、空港の利用も促進されます。さらに新神戸トンネルのポーアイ延伸も先日から検討しはじめました。実現すればトンネルでおおかた新神戸から空港まで簡単に移動できます。
JR三ノ宮駅の発表遅れは、再開発が国家プロジェクトへ引き上げられたため、ステークフォルダーが増えたこととポートライナーの問題などJR側にも再検討を迫られたと思われ、遅れにも少し期待感(望み)を持っています。
神戸の観光資源である有馬温泉へも北神急行が市営化されることで行きやすくなりますし、開発が国によって規制されていた六甲山系も緩和されました。規制と関係ないでずか六甲有馬ロープウエイがこの冬リニューアルされています。

頼もしくなった大阪のパワーに圧倒されっぱなしでしたが、震災の爪痕が市政の金銭面で目処がついて以降、長年放置されていたボトルネックの交差点や車線など小さなところすらもテコ入れされはじめており変わった感が出ています。ミクロからマクロまで、周回遅れの神戸にもようやく大きな変化が起ころうとしていますので、また取材お待ちしています!!

アリー my dear

ここも早く、建て替え計画案が提示されるといいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です