【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【平成最後の開城】再建された尼崎城の一般公開がスタート!(外観編)


尼崎城は兵庫県尼崎市北城内にあった平城で、江戸時代に畿内防備のために築城された城の一つです。1617年(元和3)に譜代の武将戸田氏鉄(うじかね)が、近江の膳所城から5万石で入封しました。戸田氏鉄は築城の巧者といわれ、幕府から畿内防備の一環として築城を命じられ、翌年尼崎城を築きました。尼崎城は4層の天守を持つ本丸を中心に、二の丸・松の丸・西三の丸・東三の丸をらせん状に配置した近世城郭でした。

明治6(1873)年の廃城令後に建物は解体されました。本丸御殿の「金の間」は尼崎市内の松平家の菩提(ぼだい)寺に移築されましたが、戦災で焼失しています。

 

 

 

 

消失していた尼崎城ですが、家電量販店「旧ミドリ電化(現エディオン)」の創業者の安保詮氏が私費約12億円を投じて復元を進め昨年11月の完成後に市に寄贈しました。また、市民らからも2億円近い寄付が集まりました。復元天守は鉄筋コンクリート造りで高さ約24m。当時の場所からは北西約300mに位置する尼崎城址公園内に建てられました。城内部には、かつての城下町を映し出すVRシアターや剣術体験コーナーなどが設けられています。

 

 

 

 

それでは「平成最後に築城」された尼崎城を見てゆきましょう!

 

 

 

 

まず目についたのが、石垣や城郭と超高層ビルのコントラスト。

 

 

 

 

復元天守とルネ・セントラルタワー(高さ124m)の様子です。江戸時代の高層建築物と現代の高層建築物が並んでいます。

 

 

復元天守の足元は人工芝の芝生公園となっており、多くの家族連れがピクニックを楽しんでいました。

 

 

 

 

天守を近くで見上げた様子です。復元天守の出来栄えは、かなりのモノだと思います。

 

 

 

 

最後は北西側から見た天守の様子です。

8 Comments

匿名

>本来の場所とは違う場所に造られたってのが好きじゃないんですよね。それなら再建しなくていいじゃんって思うんですね。

すいません、よくわかりません。尼崎城址公園に建てられたのではないのですか?間違ってたらごめんなさい。江戸時代に築城された尼崎城はこの地がオリジナルだと思ってましたが。

神奈川県人

あの尼崎にお城があったのには“神奈川県人”の僕には驚きでしたが、恰好良いです。
それと私財を投じてお城創りに貢献して下さったエディオンの会長様とカンパをして下さった市民の皆様には
感謝・感謝の気持ちでいっぱいです。

JUNK

地元民です。賛否はあるでしょうが、寄付によってせっかく作られたものですし、尼崎市民の認知度は結構高く、盛り上がってる印象もあります。
再現性はあまり無いですが、もともと城址公園は中央図書館くらいしか無かったので人が集まるきっかけになればいいですね。

アリー my dear

戦後再建された城だと、昔に岸和田城を見たことがありますけど、ここもいいのはないでしょうか?

匿名

城ファンではあるんですが、鉄筋コンクリート造とかはどうでもいいとして、本来の場所とは違う場所に造られたってのが好きじゃないんですよね。それなら再建しなくていいじゃんって思うんですね。

ぽり

入城料 も比較的安く設定されていますが、 年間維持費が一億以上らしいので、多くの方に来ていただきたいですね。

三刀流

破風のデザインは「ホテルロイヤルクラシック大阪・難波」の方が上ですね。

K

行ってみたいんですよねー!
中には入られましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です