【再都市化ナレッジデータベース】

阪神電車がQRコード乗車券の実証実験を 「大阪梅田、野田、尼崎、西宮、神戸三宮」の5駅で実施!



阪神電車は1月23日付けのニュースリリースで、QRコードを用いた乗車券に関する実証実験を行う
と発表しました。同社は磁気券削減に向け、QRコードを用いた乗車券の導入を検討しており、実証実験を通じて、QRコード乗車券の実用性などに関する評価を行う事になりました。

実験では紙媒体又はスマートフォンでQRコード形式の乗車券を発券し、駅のIC専用改札機に取り付けた2次元バーコードリーダに直接かざして入出場できるようにします。対象駅は「大阪梅田駅、野田駅、尼崎駅、西宮駅、神戸三宮駅」の5駅で
対象者は阪神電車の関係者100名程度を予定しています。実施期間は2020年3月~2020年9月を予定しています。

【出展元】
阪神電車>QRコードを用いた乗車券に関する実証実験を行います

 

 

 

th_IMG_1052_20150922122134a57.jpg

国内事業者としては沖縄の那覇市で営業している「ゆいレール」がQRコードを採用してる

非接触ICカードが普及した状況ですが、以前として磁気切符・定期券を利用する人が一定数います。磁気切符に絡む自動改札機のメンテナンスのコストや作業中のダウンタイムが問題視される中スマートフォンやスマートウォッチの画面にQRコードを表示させるQRコード切符の導入検討が進んでいます。

QRコード切符であれば、紙媒体などを発券しても「磁気の読み書きを行なうためのメカニカル機構が不要」となる為、メンテナンスコストの削減が見込めます。またインバウンド向けに1日乗車券やフリー切符をスマホに配信する事も可能となり、様々な使い方が広がって行きそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です