【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

JR京都駅地下東口と地下鉄連絡口に設置された大量のデジタルサイネージは迫力あり!


かなり以前に読者の方からコメントで「京都駅の地下鉄連絡口に沢山のサイネージが設置されています」との情報を頂き、気になっていました。

 

 

 

 

 

JR京都駅の地下東口と柵外の連絡口に設置されたサイネージモニタは、東口改札内に、70インチ10面、柵外の連絡通路に70インチ24面が設置されており、かなりの迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 


ご覧のとおり、映像に空間ジャックされた様な感覚を味わう事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

京都駅を利用する時は、大体橋上駅舎から吹き抜け空間を味わって地下に潜るパターンなので、この場所は初めて通ったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


改札内にもサイネージモニタがあるので、このエリアのデジタルサイネージの密集度はかなりのモノだと思いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。