【再都市化ナレッジデータベース】

KUMU 金沢宿泊記(客室 LOFT 4 編)



KUMU金沢は、金沢市中心部のオフィス街がある百万石通り沿いにあるホテルで、築44年のオフィスビルをリノベーションして誕生しました。オフィスビルをコンバージョンして和のテイストを醸し出すデザイン性の高いホテルに仕上げたリノベーション案件は旅行者からも注目を集めています。

 

 

 

特集2回目は「客室編」。今回はロフトタイプの立体的なお部屋で上下段計4つのシングルベッドのある「LOFT 4」をご紹介します。専有面積30㎡の部屋に幅110cmのベッドが2台、ロフトに2人(マットレス有り)で最大4名まで宿泊できます。

 

 

 

KUMU金沢はオフィスビルをコンバージョンしたホテルで、さらに天井の化粧板を剥がしてあるので天井がメチャクチャ高く、空間を立体的に使う事ができます。

 

 

 

ロフト下のベッドの様子です。十分以上の空間が確保されています。

 

 

 

 

ロフトの下から室内を見た様子です。

 

 

 

 

秘密基地みたいで楽しくなってきます!

 

 

 

 

ロフト下にはベッド2台に加えてソファースペースがあります。

 

 

 

 

 

 

反対から見るとこんな感じです。

 

 

 

 

天井は打ちっぱなし。ロフトに上がってみます。

 

 

 

 

流石に狭く感じますがレオパレスのロフトよりも天井までの高さがあります。ロフトにあるマットレスはかなり寝心地が良く、ベッドと比べて遜色がありませんでした。

 

 

 

 

 

ロフトから下を見下ろすと・・・。高い!これは子供には厳しい高さです。ちなみにハシゴはほぼ垂直に設置されています。

 

 

 

 

高所がダメな人には無理な感じですね。個人的には秘密基地感があるのでメチャ楽しかったです。

 

 

 

 

続いて水回りの様子です。

 

 

 

 

洗面台の様子です。備品のドライヤーがダイソンのドライヤーで風量が凄かった・・。

 

 

 

バスルームは洗い場付きのユニットバスはパナソニックのi-X INTEGRAL (イークス インテグラル)。一戸建ての標準サイズ1600*1600で超快適。さらにLED照明は調光機能付きで寒色から暖色まで好みの色温度が設定できます。

 

 

 


次回、アート作品・パブリックスペース編に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です