新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

白浜「とれとれヴィレッジ」宿泊記(街並み編)

とれとれヴィレッジは和歌山県・南紀白浜にあるリゾート型宿泊施設です。別荘感覚で楽しめるドーム型のコテージが133棟建ち並んだファンタジー感満点の街並みが非日常空間へ誘ってくれます。

     

施設内にある展望台から見た、とれとれヴィレッジの全景です。円形のドームハウスがズラリと立ち並ぶ光景はなかなか壮観で、ちょっと現実離れした光景に圧倒されました!

       

ドームハウスを見下ろした様子です。この不思議な建物はジャパンドームハウス社のドームハウス7700型で直径7.47m、高さ4mの・・・。おっと。いつものノリでハードの紹介をしそうになりましたが、これは別記事で詳しくご紹介したいと思います。        

   

ドームハウスをじっくり見て行きます。とれとれヴィレッジには「メルヘンゾーン」と「ファンタジックゾーン」という2つのエリアがあり、建物の色や内装が異なっています。        

   

石畳で舗装された道や石垣の塀、レトロな街灯など 施設内はその名のとおり「村」の様でした。

       

 

異国情緒あるれる村内は歩き回るだけでワクワクしてきます。

       

   

とれとれヴィレッジもかなり以前から宿泊してみたかった宿の1つなので、今回宿泊する事が出来て、とても嬉しかったです。今回の記事では「とれとれヴィレッジ」の街並みをご紹介しましたが、次回はドームハウス内部をレポートしたいと思います。

1 Comment

ペペロンチーノ

写真1枚目を見て「ほうギリシャ風リゾートですか…たいしたものですね」

写真2枚目以降を見て「ドラゴンボールに出てくる家がいっぱいだ…」

海外のマンガファンが喜びそうですね…?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です