【再都市化ナレッジデータベース】

北大阪急行線延伸事業 ー箕面萱野駅 建設工事の状況 20.07



北大阪急行線延伸事業は、大阪メトロ御堂筋線と相互乗り入れを行っている北大阪急行の千里中央駅から北に向けて路線を約2.5km伸ばし、途中に箕面船場阪大前駅、箕面萱野駅の二つの新駅を設置する鉄道の延伸計画です。2023年度の開業を目指して工事が進められています。総事業費は約650億円です。

【出展元】
北大阪急行>北大阪急行線延伸事業について
北大阪急行線の延伸と関連まちづくり


延伸区間は、千里中央駅~箕面船場阪大前駅間 がシールドトンネル、開削トンネル。箕面船場阪大前駅は開削トンネル、箕面船場阪大前駅~箕面萱野駅間は、開削トンネル、高架構造、箕面萱野駅は高架構造で、地下区間は1.7km、高架区間が800mとなります。

 

 

 


箕面萱野駅の断面図です。1面2線のシンプルな高架駅となります。2 階建てで、2階がプラットホームとなり、みのおキューズモ ールの 2 階メインデッキに接続します。

 

 

 


駅周辺の配置図です。新駅はショッピングモール「みのおキューズモール」に隣接する場所に設けられます。また駅の東側にバスターミナルなどの交通広場が設けられ、現在千里中央駅に向かっているバス路線が箕面萱野駅に集約される予定です。

 

 

2020年7月の様子


現地の様子です。キューズモール側から撮影しましたが、本当に駅直結といえる場所に建設されています。

 

 

北側から見た様子です。

 

 

 

 

撮影ポイントを変えて、交通広場になる地上から見た様子です。

 

 

 

 

 

駅の真下にあたる箇所から見た様子です。将来の駅の様子がなんとなく想像できますね。

 

 

 

 

反対側から見た様子です。

 

 

 

最後は箕面船場駅付近から見た、箕面萱野駅方面の様子です。北大阪急行線延伸事業の建設距離は約2.5kmと短いですが、終点の箕面萱野駅から梅田まで乗り換え無しで24分でアクセス可能になるため、駅周辺に与えるインパクトは凄まじいと思います。

2 COMMENTS

三刀流

書かれているとおり、箕面市内のバス路線はほとんどが千里中央が起点になっているのが、北大阪急行延伸後は箕面萱野に集約されるでしょう。千中行きの多くは、箕面市民病院経由です。千中行きバス路線がなくなると、通院で困る人が大勢い出ます。また、箕面には仕事や買い物などで千中に通う人、千中でモノレールや高速バスに乗り換える人が大勢いますが、萱野で電車に乗り換えると不便だし、運賃も高くなりそうです。延伸は確かに、大阪市内方面への通勤、通学が便利になり、うれしいことですが、マイナス面もあります。

アリー my dear

箕面萱野付近、思ってた以上に工事が進んでますね!
あとはトップの完成予想図にある、駅ビルと思しき建物も気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です