【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本が新神戸駅で視覚障がい者向け駅構内ナビ「shikAI」の実証実験を開始



JR西日本は2020年8月17日付けのニュースリリースで、2023年春に開業予定の『うめきた新駅(大阪駅地下ホーム)』に導入予定の視覚障がい者向けナビゲーションシステム「shikAI (シカイ)」による移動サポートの有用性を検証するため、プログレス・テクノロジーズと協業し、8月中旬から新神戸駅で実証実験に取り組むと発表しました。

「shikAI(シカイ)」は、東京のIT企業「プログレス・テクノロジーズ」が開発した視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションシステムで、駅構内の点字ブロック上に設置したQRコードを手持ちのスマートフォン上の専用アプリで読み取ることで、事前に設定した目的地までの点字ブロックの経路を音声でナビゲートするシステムです。各QRコードには正確な位置情報が紐づけられており、視覚障がい者の方が迷うことなく、ホームから改札を通り出口まで向かうことを支援する事ができます。

【出展元】
shikAI(シカイ) — 視覚障がい者向け駅構内ナビゲーション
うめきた(大阪)地下駅での実現に向けて、
視覚障がい者向けのナビゲーションシステム「shikAI(シカイ)」の実証実験を実施します。

 



今回の実証実験は、ビジネスや観光での利用が多い山陽新幹線新神戸駅コンコースとホーム(広島・博多方面)で視覚障がい者にコンコースとホーム間を「shikAI(シカイ)」を用いて移動してもらい、サービス実装に向けた有用性の検証と課題を抽出し今後の活用に繋げるものです。実施期間は2020年8月中旬から2021年3月末頃までの予定。期間中、関係者内での検証を複数回実施される予定です。


実施概要

・場所
山陽新幹線 新神戸 駅 コンコース および ホーム(広島・博多方面ゆき)

・スケジュール
2020年 8月 中旬 2021年 3月末頃 (予定)
※上記期間中、関係者内での検証を複数回 実施

 

 

このニュースを深掘りする



JR西日本は、うめきた新駅(大阪駅地下ホーム)を「」の具体化に挑戦する駅と位置づけ、ICTやAIを活用して、駅にまつわるさまざまな移動をサポートすることによるシームレスな移動の実現を目指しています。

今回の視覚障がい者向けナビゲーションシステム「shikAI(シカイ)」の実証実験はその一環で、今後も様々な新技術の導入に向けた検討が行われる事になるでしょう。2023年春には最新技術がてんこ盛りの近未来ステーションがうめきた2期地区に誕生する事になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です