【再都市化ナレッジデータベース】

近鉄「ひのとり」が2020年度グッドデザイン・ベスト100を受賞!30年後も色褪せない本質的な造形を追求



近鉄は、2020年3月14日(土)から運行を開始した新型名阪特急「ひのとり」が、同社車両では初となる「2020年度グッドデザイン・ベスト100」を受賞したと発表しました!

GKインダストリアルデザインが手掛けた『ひのとり』 は「くつろぎのアップグレード」をコンセプトとし、大阪難波と近鉄名古屋を結ぶ新型特急です。全座席への「バックシェル」採用、サービス空間の設置、充実した設備によって、全ての利用者の移動時間をくつろぎの時間に変える、体験価値向上を目指しました。エクステリアは、景観との調和を考慮し、都市間特急にふさわしい気品あるデザインとなっています。

【出展元】
新型名阪特急「ひのとり」 2020年度グッドデザイン・ベスト100を受賞

 

 

 


デザインのポイント

1.都市間特急にふさわしい気品とスピード感を、塊感ある車体フォルムと深いメタリックレッドで実現した。
2.全座席へのバックシェル採用により、後ろの方への気兼ねないリクライニングを実現し、体験価値を向上した。
3.編成全体として、快適性を追求したサービス設備の充実を図ることで、移動時間をくつろぎの時間に変えた。


 

 

後ろの方への気兼ねないリクライニングを実現


ひのとり の開発に際してはマーケットインの考え方を重視し、複数回にわたるアンケート調査により、顧客のニーズを広く吸い上げることで、新しい時代にふさわしい特急車両を目指しました。特に、座席のリクライニングについては約8割の方が後ろの方に気を遣うという結果が得られたことから、シートを最大までリクライニングさせた範囲を覆い、気兼ねないリクライニングを可能にする「バックシェル」を全座席への導入を決断しました。

 

 



全座席へのバックシェル設置は、前後間隔拡大による座席数減少につながるため、営業面から反対意見がありましたが、「お客様の体験価値向上」を第一義として採用されました。併せて、バックシェル自体が圧迫感を与えないよう、客室と調和する形状やCMFに配慮し、これまでにない「くつろぎ空間」を実現。日本初の全座席バックシェル仕様が今後の有料特急車両の標準になる、としています。

 

 



さらにスポット、ベンチスペース(多目的空間)、ロッカーなどサービス空間の設置により、編成全体として、すべてのお客様の体験価値を向上させ、都市間特急の新たなスタンダードにふさわしい車両となりました。

 

30年後も色褪せない、本質的な造形を追求

エクステリアデザインは、車体フォルムに加え、それを際立たせる深いメタリックレッド塗装にこだわりました。数年毎に再塗装することからの保守性と晴天・曇天時ともに気品ある色合いを実現させることの両立に苦慮しましたが、数十種類の試作を重ねることで実現されました。

名阪特急のリブランドを意識しながらも、決して流行や瞬間的なインパクトなど表層的なスタイリングではなく、利用者や沿線住民の記憶に残る原風景を創る重要な要素の一つとして、30年後も色褪せない、本質的な造形を追求しました。

 

 

受賞のポイント



近鉄特急は、都市間特急の新しいスタンダードを再定義しました。都市間特急において乗客の多くは「寝る」。リクライニング座席を倒すと、その後ろの乗客が不快に思うことが多く、逆に気を使って、十分にリクライニングを倒すことができない乗客も多かった。そんなきめ細かいニーズ分析から生まれたバックシェル座席が、全座席に展開されました。近鉄は車両を30年以上、末永く大事に使い続ける会社。長く飽きられない普遍的なデザインと空間、経営が一体になって、未来に向かって覚悟を決めたフラッグシップが高く評価されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です