MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

関西国際空港リノベーション計画がコロナの影響で着工が半年遅れ、約1千億円の投資額は変更無し


関西国際空港を運営する関西エアポートは2020年10月26日付けのニュースリリースで、計画している主力の第1ターミナル改修の着工時期を、今年12月から来年6月に延期すると発表した。新型コロナウイルスの流行が長期化しており、その影響を受け、関係者と の調整に一定の時間を要する為、との事で2025年の大阪・関西万博の開幕前としていた完成時期は2026年秋にずれ込む見込みです。

【出展元】
関西国際空港 T1 リノベーション工事について 

 

 

関西国際空港第1ターミナルビルの大規模改修の詳細が判明、国際線中心のレイアウトに大幅変更!



 

T1 リノベーション変更後工事スケジュール

2021 年 6 月頃 T1 リノベーション工事着工
2022 年秋頃 2F 新国内線エリア等(Phase1)運用開始
2023 年冬頃 2F 国際線出発エリア中央等(Phase2)運用開始
2025 年春頃 4F 新保安検査場及び 3F 国際線ラウンジ(Phase3)運用開始 ※空港オペレーション機能完成
2026 年秋頃 2F 国際線出発エリア南北商業施設(Phase4)運用開始

 

 

 

 



着工が半年遅れる事で、Phase4の2F 国際線出発エリア南北商業施設の運用開始が2026 年秋頃にずれ込みます。但し、国際線旅客の受け入れ能力を年間3000万人から4000万人に引き上げるPhase3の4F 新保安検査場及び 3F 国際線ラウンジの回収は2025 年春頃の完成予定で万博に間に合わせる計画です。Phase3により空港オペレーション機能は完成します。防災対策を含めて約1千億円の投資額は変更ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です