新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

阿蘇くまもと空港 旅客ターミナルビルー外観編



熊本空港は熊本県上益城郡益城町に所在する空港で、熊本市から北東へ約20kmの阿蘇山の山麓に位置しています。愛称は阿蘇くまもと空港。敷地面積は約150㏊で3000m級滑走路1本を有しており、2018年度の航空旅客数は国内11位の346万人です。

国土交通省は2018年3月、地震復興の加速化や民間のノウハウを活かした利用促進・サービス向上を図るため、2020年4月から運営の民間委託を決定しました。運営事業者は、三井不動産を筆頭とする11社によるコンソーシアムが出資する熊本国際空港株式会社です。新会社は、国内線・国際線が一体となった新ターミナルビルを2022年度末までに整備する予定です。

 

阿蘇くまもと空港 旅客ターミナルビルー館内編



 

 

 

熊本空港国内線ターミナルビルは数回にわたって増改築工事が行われ、現ターミナルブルは5期工事が完了した状態です。今回はメインのターミナルビルを中心に手を加え、以前からのイメージを一新する姿になりました。既存建物を駐車場側に増築し、片流れの大屋根を設け吹き抜け空間を設置し、以前からのイメージを一新させる姿になりました。県産の木材をふんだんに取り入れ、あたたかみのある熊本らしい建物に仕上がっています。

このターミナルビルは新ターミナルビルに建て替えられる予定なので、現在の姿が見られるのもあと数年間となりました。

 

熊本空港民営化の提案概要が公表。ターミナルビルの建替え、国際線17路線に拡充、旅客数622万人を目指す!



 

 

 

反対側から見た様子。消し墨色の屋根の部分増築された箇所です。

 

 

 

 

 

こちらは国際線ターミナルビルです。リニューアルされた国内線とは対照的に、余り手が入っておらず高度成長期の匂いがプンプンする外観デザインをとどめています。

 

 

 

 

 

真正面から見た国際線ターミナルの様子です。

 

 

 

 

 

再び国内線側に戻ります。白色の部分は国際線ターミナルと同じDESIGNで纏められています。

 

 

 

 

 

横から見ると増築箇所がよく解りますね。

 

 

 

 

 

車寄せ付近の様子です。

 

 

 

 

 

バスターミナル付近の様子です。

 

 

 

 

 


最後はエントランス付近の様子です。館内編に続きます。

 

阿蘇くまもと空港 旅客ターミナルビルー館内編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です