MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

ヒルトン最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が2026年に日本初進出!



三井不動産とヒルトンは2020年10月27日付けのニュースリリースで、ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」の日本初進出となる「ウォルドーフ・ア ストリア東京日本橋」のブランディング及びマネジメント契約を締結したと発表しました。同ホテルは三井不動産が開発、ヒルトンが運営し2026 年の開業を目指します。ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」の進出は日本初となります。

 

【出展元】
ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が日本初進出

 

 

 



1893年、米国ニューヨークで開業した「ウォルドーフ・アストリア」は、世界的なホテルチェーン「ヒルトン」の最上級ラグジュアリーホテルブランドです。ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツは、世界の人気の高い観光地やリゾートにあるウォルドーフ・アストリア・ビバリーヒルズからウォルドーフ・アストリア・バンコクまで世界のランドマークとなる場所で、現在 32軒を展開しています。

「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は、2021年度工事着工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再 開発事業」における複合施設の 39 階~47 階まで 9 フロアに展開。60㎡以上のゆったりとしたキングルーム含め全197室の客室に、3つのレストランと ウォルドーフ・アストリアの象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」のほか、屋内プール、スパ、フィットネスセ ンター、宴会場、チャペルを備える予定です。

 

ホテル計画概要(予定)


名称 ウォルドーフ・アストリア東京日本橋
延床面積 約 32,000 ㎡
階数 39 階~47 階(C街区) ※お客様がご利用いただける階数は 40 階~47 階
客室数 197 室
付帯設備 レストラン(3 カ所)、ラウンジ&バー、宴会場、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、チャ ペル
開業 2026 年
 

 

計画概要(日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業)


事業主体 日本橋一丁目中地区市街地再開発組合
所在地 東京都中央区日本橋一丁目
敷地面積 約 18,990 ㎡
延床面積 約 380,300 ㎡
解体工事着工 2020 年度
新築工事着工 2021 年度
建物竣工 2025 年度
階数・高さ A 街区 :地上 4 階、地下 1 階、高さ約 32m
B 街区 :地上 7 階、地下 2 階、高さ約 31m
C 街区 :地上 52 階、地下 5 階、高さ 284m
主要用途 ホテル、オフィス、商業施設、住宅、カンファレンス施設、ビジネス,支援施設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です