MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

阪急神戸三宮駅リニューアル工事『東改札』付近の状況 21.04



神戸阪急ビル東館の建設工事に伴い、改札口からの導線が新ビルの中に切り替えられ、新しい改札外コンコースが設けられました。少し前から新ビル内の新通路の供用が始まっていましたが、ビルの竣工が近づいてきたので改めて取材してみました。

 

神戸阪急ビル東館内部の通路が使用開始!新ビル内部は高品質な仕上がり具合で良い感じ



 

 

 

神戸阪急ビル東館の北側エントランスの様子です。メチャクチャ雰囲気がありますね!

 

 

 

 

ビルの外装を角度を変えて見た様子です。

 

 

1枚目の写真の入口を内部から見るとこんな感じです。奥にサンキタ通りが見えています。

 

 

 

 

新ビル内の通路の様子です。一部のサイン類は未設置でしうが、ほぼ完成状態と言えると思います。

 

 

 

 

 

天井照明もお洒落です。

 

 

 

 

新築ビルですが柱や壁面の質感がメチャクチャ高く、まるで昔からそこに在った柱を美装化したかの様に感じます。

 

 

 

 

東改札側のシンボルは「花の柱」。垂直ではなく少し角度が付いています。

 

 

 

 

 

 

改札階に繋がる階段付近の様子です。

 

 

 

改札階から見下ろした様子です。

 

 

 

 

 

改札階と1階を繋ぐエスカレーター付近の様子です。

 

 

 

 

改札階の山側の様子です。

 

 

 

 

宿泊特化型ホテル「remm+」のエントランス付近の様子です。

 

 

 

 

上階に繋がるエスカレーターが稼働していました。

 

 

 

 

 

オフィスフロアに繋がる3階の様子です。

 

 

 

 

 

オフィスフロアに向かうエレベーターホールの様子です。

 

 

 

 


最後は3階から1階を見下ろした様子です。この写真を見るとビル内装の質感の高さが実感出来ました。

1 COMMENT

通りすがり

これはイイ!!!
神戸の玄関口として「神戸に来た!」の高揚感あります。
お洒落でシックなKOBE。
早く新型コロナが収束して、賑わう街並みが見たいですね!!
o(* ̄▽ ̄*)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です