MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

奈良線・六地蔵駅改良工事の概要を発表!地下鉄乗り換え利便性の向上【2023年春頃供用開始】


JR西日本は、2022年6月23日付けのニュースリリースで、改良工事を行なっている奈良線の六地蔵駅について、駅舎などの設備の概要を発表しました。新駅舎は2023年春頃の供用開始を予定しています。

【出展元】
奈良線 六地蔵駅改良工事の概要について

 

 



改良工事は、バリアフリー化と地下鉄乗り換え利便性の向上のため、京都方面に駅舎を移転。ホー ムを京都方面へ延伸・移設し、ホーム・階段幅員の拡大やホーム部分の曲線緩和を行うことで、安全性向上を図ります。また、近接する京都市営地下鉄東西線と乗り換えやすくなる。また、ホームへのエレベーターを設置します。

 

 



新駅舎のコンセプトは 「六地蔵の歴史継承と周辺開発をリードする新しい玄関口」 。 今後の駅周辺の発展を見据え、宇治市の新たな玄関口に相応しい“ゲート”をイメージした外観となります。

駅舎は、六地蔵の地名の由来となった大善寺六角堂(通称:六地蔵尊)から着想を得て、 コンコースには六角形の吹き抜け空間をつくります。また、宇治市が駅前広場の改良工事を実施する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です