【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

阪神電鉄が尼崎駅(1番線・2番線ホーム)にホームドアを設置!「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用


出展:阪神電鉄ュースリリースより

阪神電鉄は2022年11月21日付けュースリリースで、尼崎駅の1番線・2番線ホー ムにホームドアを設置すると発表しました!本工事は「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用して実施するもので2024年春頃の完成を予定しています。設置箇所は、阪神本線・尼崎駅の1番線ホーム(大阪梅田方面ゆき)と2番線ホーム北側及び南側(大阪梅田方面ゆき)。大開口型の二重引き戸式を採用、一部の範囲は従来型の一重引き戸式を設置します。2番線の南側ホームは10両編成対応分の長さがありますが、梅田方面列車は最長6両編成なので、一部は固定柵が新設されます。

 

【出展元】
→阪神電鉄>尼崎駅(1番線・2番線ホーム)におけるホームドアの設置について 

 

 

 


出展:阪神電鉄ュースリリースより

なお、車両長とドア数が異なる近鉄車が乗り入れる3番線~6番線ホームについては、引き続き設置に向けた検討を進める、としています。昇降ロープ式の設置が現実的だと思いますが、近鉄直通の快速急行の10連廃止や、将来の近鉄特急の乗り入れ対応など、検討材料や課題が多いんので、どの様に対処するか?要注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。