【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

近鉄奈良駅の副駅名に「奈良公園前」を設定!世界的観光地の最寄り駅である事をPR【2022年12月3日から】



近鉄は2022年11月25日付けのュースリリースで、近鉄奈良駅の副駅名に「奈良公園前」を設定すると発表しました!奈良公園が近鉄奈良駅の徒歩圏内にあり、近鉄奈良駅が奈良公園を訪れるのに至便な駅であることをPRする目的があります。2022年12月3日から副駅名「奈良公園前」が設定される事になりました。

【出展元】
→近鉄>近鉄奈良駅の副駅名に「奈良公園前」を設定します 

 



駅名表示は「近鉄奈良(奈良公園前)」 。英語表記はKintetsu-Nara(Nara Park)。駅名標にはバンビのイラストが追加される他、 ホームおよびコンコース駅名標には、奈良公園のイメージが伝わりやすいように、 鹿のシルエットがあしらわれます。

 

 



奈良県民にとっては、近鉄奈良駅が「奈良公園」の最寄り駅である事は常識で、京阪神での知名度は高いと思いますが、近畿圏以外の地方から見ると、旅行などで、遠方の県庁所在地に行くには新幹線、もしくはJRの特急で行くのが常識(当たり前)という方が多くて驚いた事があります。

例えば、奈良までのルートを説明した時に・・

「大阪(京都)から(JRの)特急にのればいいんでしょ?え、(JRの)特急が無い??あ、新幹線ね。へ?新幹線が無い??近鉄特急?なにそれ、近鉄ってよく解んないし・・」

という感じで、京阪神の感覚とは相当なズレがありました。この例文に近いやり取りは、過去の赴任地「宮城、富山、石川、静岡」で発生しました。もちろん意識して調べれば、新幹線であれば京都から京奈・京橿特急に乗り継ぐのが便利で、大阪難波からは奈良線の快速急行・急行で一直線である事は解るはずですが。。

そういった意味で、今回の副駅名「奈良公園前」の設定は理に適った取り組みだと思います。特に英語表記の Kintetsu-Nara(Nara Park) はインバウンド客に向けたPRとしてはとても良いと思いました。

 

あわせて読みたい

近鉄奈良駅地下1階コンコースのリニューアルが完成 。駅ナカ施設「Time’s Place 奈良」も14店舗に拡大オープン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。