【再都市化ナレッジデータベース】

JR嵯峨野戦-嵯峨嵐山駅


嵯峨嵐山駅は、有名観光地、嵐山・嵯峨野へのJR側の玄関口です。JR嵯峨野線の複線化事業に伴い駅舎の改築工事が行われされ、2008年6月に一大観光地の玄関口に相応しい駅舎に生まれ変わりました。








        

橋上駅舎の改札外コンコースです。三角屋根の天井、壁面の装飾、床面の模様など、解りやすい和風なデザインが、いかにも観光地といった印象を与えています。








        

天井付近にはこんな凝った和風柄のステンドグラス?も取り付けられていました。








        

改札口。自動改札機はバー付きの旧型で4通路です。行き交う人は年配の方が多く観光で訪れている雰囲気が漂っていました。








        

改札内コンコースの様子。








        

ホームの様子です。見違える様に生まれ変わりました。配線は2面4線です。








        

輸送改善が進む嵯峨野線。2010年3月7日に嵯峨嵐山駅と花園駅間の複線化が完了し、これにより京都から園部駅間の全区間34.2kmの複線化が完成。さらに国鉄型の113系は全てJR型の221系、223系に置き換えられ車両面でも面目を一新、都市近郊鉄道としての体裁が整いました。ただ嵯峨野線は日中一時間の運転本数が快速1、普通3の4本と少なく、かつ4両編成の短い編成なのでかなり混雑している様に見えました。観光シーズンなどは日中でもすし詰め状態になるのではないでしょうか?JRには更なる輸送改善を期待したいと思いました。



2 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>きたやま さま。
おひさしぶりです(^^

そうなんです、JRも結構頑張ってるので一度見てあげてください。僕は逆に阪急嵐山駅を撮りたいんですけど、中々行けずにいるんですよね。。。

きたやま

SECRET: 0
PASS:
JR嵐山駅、使ったことがありませんでした
ほとんど自転車、雨の日でも使うのは阪急なんです
灯台下暗しですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です