新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

近鉄の観光列車「つどい」のリニューアルが進行、外装はイメージパース通りレトロな雰囲気に変身中!



近鉄は、2018年6月13日付のニュースリリースで、四季折々の自然が美しい御在所岳や“美人の湯”として知られる湯の山温泉を舞台に、近鉄エリアキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」を展開し、菰野町と近鉄が連携して湯の山温泉の魅力を発信すると発表しました。また、このキャンペーンに合わせて観光列車「つどい」をリニューアルし、菰野町と連携してイベントの臨時列車として近鉄名古屋~湯の山温泉間で運行されます。

湯の山温泉は、今年が温泉が発見されて1300年という記念の年で、さらに7月には御在所ロープウエイの一部ゴンドラやレストランなどがリニューアルなど、同地区の節目の年となります。このタイミングに合わせて観光キャンペーンが行われる事になりました。期間は2018年7月14日(土)から2019年2月28日(木)。近鉄エリアキャンペーンは、毎年、沿線の自治体と連携し、特定地域を集中的にPR することにより活性化を図る観光プロモーションキャンペーンで、本年で第6回目になります。

【出典元】
近鉄エリアキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」を実施!

【過去記事】
近鉄が観光列車「つどい」をリニューアル!ポップな内・外装からシックで落ち着いた雰囲気に大変身!
近鉄ー観光列車つどい

 

 


こちらはリニューアル後の「つどい」の完成イメージパースです。

 

 

 

 

 

 

 



こちらはリニューアル工事が進む「つどい」の様子です。完成イメージパースと同様にブラウンとクリームのツートンカラーに塗装が変更されていました!

 

 

 

 

 

 


こちらは6月16日に撮影した「つどい」の様子です。

 

 

 

 

 

 


6月24日時点の「つどい」の様子です。まだツートンの境い目に配される「金帯」やロゴマークが貼り付けられていないので、ここからさらにイメージが変わると思います。

 

 

 

 

 

 


中間車の様子です。

 

 

 

 

 

 



 

最後尾の様子です。

 

 

 

 

 

 


最後は「つどい」の編成全体と、新塗装化真っ最中のビスタカーの列びです。

1 Comment

アリー my dear

観光列車とは違いますけれど、現在近鉄では田原本線で開業100周年を記念した往年の復刻塗装編成が走っていますね。
こちらはワインレッドにアクセントとなる細い帯を纏ったデザイン。私は気に入ってます(^_^)

このつどいのリニューアルに伴う塗装変更もなかなか良いと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です