【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【2021年3月完成予定】大坂城豊臣石垣公開プロジェクト


出展:大坂城 豊臣石垣公開プロジェクト

大坂城 豊臣石垣公開プロジェクトは、徳川幕府により豊臣大坂城を覆い隠すように徳川大坂城が築かれて以来、今も地下に眠り続けている、秀吉が築いた初代大坂城の石垣を掘り起こし、激動の時代を物語る豊臣石垣の公開計画です。

アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 

 


出展:大坂城 豊臣石垣公開プロジェクト

公開施設内部は、本物の石垣を見て、触れて、豊臣大坂城に思いを馳せる石垣展示ホール(地下階)と、豊臣石垣を分かりやすく解説するガイダンスルーム(地上階)で構成されます。大坂城跡の特徴である歴史の重層性を象徴する遺構のひとつとして、豊臣期大坂城の詰ノ丸石垣を露出公開展示し、大阪城の本物の歴史文化を体感できる施設をめざしています。

 

 

 

 

 

 



大阪城天守閣の様子です。鉄筋コンクリート造でエレベーターがある「ビル」と揶揄される事もあった3代目天守閣ですが、今年で築88年を迎え、国の登録有形文化財に登録されるなど、最古級のSRC造の建造物として歴史的な価値が出てきています。

 

大阪城天守閣が築87年、数え年で88歳の米寿を迎える!



 

 

 

 

 

 


最後は引き気味で見た大阪城の城郭の様子です。大阪城では集客力と観光地としての魅力を高める様々な施設が出来つつありますが、大坂城 豊臣石垣公開プロジェクトが加わる事で、さらに見所の有る場所になりそうですね。

 

 

オープンしたJO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)は「てんしば」に続く都会のオアシス、憩いの場だった!



MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)ーエントランス・階段・内装編



大阪城公園の森ノ宮噴水エリアに「ボーネルンド・プレイヴィル」や「スタバ」などがオープン!



【2019年2月23日オープン】クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK )大阪城公園に3館の劇場が誕生!



 

9 Comments

匿名

2018年、訪日外国人のSNS発進ランキング
大阪城は日本で5位ですから
https://i0.wp.com/inbound.nightley.jp/wp-content/uploads/2019/02/inbound_report_2018-12.png

実は海外の人たちも大阪城天守閣が鉄筋コンクリートで再建されたものであるのはよく知ってるんですね

しかし、そんなことは関係ない
天守閣が鉄筋コンクリートであろうが徳川製であろうが
外国の人たちには関係ないですね

上の全体写真を見れば
これたけの都心でこれだけ勇壮な城郭公園があるという自体が
外国の人たちには驚きと感動だと思いますね

匿名

「俺は日本人だが」とか「我々関西人は」とかの自称は
だいたい成りすまし、それこそ偽物と決まってますから(笑)

匿名

これを偽物と認識する関西の方々の「本物」とは一体なんなのだろう???
なにかずれている気がする。

匿名

すみません現代の金満都市は名古屋と東京です。

匿名

関西人でも偽物と思っているのは少ないはず。
問題はそれより秀吉の大阪城か徳川の大阪城かだろう。
石垣や天守閣の大きさからみる限り、徳川の支配力や財政力は秀吉を凌ぎ大したもの。
その徳川が大奥で大散財して大赤字なのに大阪商人は米先物取引による貨幣経済の発達で日本の経済を牛耳じ、早稲田演劇研究所の調査では大劇場大阪8座、ロンドン5座、江戸3座で当時世界一で、幕府以上に日本文化の担い手になるのだから面白い。
大阪商人は家康から江戸移転を命じられても大阪に全員残り、吉宗時代には大阪経済のシンボル米先物取引所の江戸移転にも反対して動かさなかったように商人の自由度は今より強い。
その大阪商人の末裔が武士の本拠地大阪城天守閣を寄付で作ったのは素晴らしい、自慢すべきことだわな。現代の金満都市 大阪を見下すなら名古屋や東京も寄付で天守閣を作るべし。

アリー my dear

なんだかんだ言っても、大阪城はやはり大阪のシンボルに変わりないですし、誇りです。

匿名

大阪城を偽物と呼ぶ関西人ってそんなに多いんですか。再建して偽物になるなら、奈良の大仏、比叡山延暦寺、本能寺など偽物だらけですよ。むしろ歴史的重要度が高いほど火にかけられては、再建されるのが日本の名勝でしょう。外国人の目に美しい姫路城など歴史においては凡庸な存在です。大阪城は戦国時代から幕末に至るまで歴史の転換点でいつも主役級の波乱に満ちた存在でした。建造物は歴史を後世に伝えるためのシンボルで偽物ではありません。

匿名

もう二度と消失しないようにと、市民の寄付で建造されたものに偽物もなにもないでしょう。
第一、現大阪城天守閣が建造されてから過ごしてきた年数は、
豊臣時代、徳川時代それぞれの天守閣存続期間を凌駕しています。
姫路城や松山城などの現存天守とはそもそもジャンルが違い、復興天守としてなんら恥じ入るものではありません。

サジャ

我々関西人にとって鉄筋で出来た形だけの歴史的建造物は「偽物」でしかないのですが、関東に住む友人は鉄筋であろうが昔からの木造であろうが頓着無いようで。
私の拘りを言うと「鉄筋じゃダメなの?」と驚きます。それではシンデレラ城じゃないと言っても分からないようです。それからいくとこの大阪城もなかなかのものかもしれませんね。
我々は数百年以上経過した国宝建造物に触れ過ぎて、真に価値ある建造物は国宝だと勝手に思い込み過ぎていたのかもしれません。
この大阪城も美しいには違いありませんからね。そして石垣の展示は楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です