【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

大阪城天守閣が築87年、数え年で88歳の米寿を迎える!

大阪のシンボルとして親しまれている大阪城天守閣。2018年10月7日に復興されてから築87年、数え年で88歳の「米寿」を迎え、訪れた観光客に記念の証明書が配られました。現在の大阪城の天守閣は3代目で、 陸軍用地となっていた旧本丸一帯を公園化する計画に伴い,博物館として建設され1931年11月7日に完成しました。設計は市土木局建築課、施工は大林組。SRC造、地上6階、地下2階建て、高さ約55m。市民の寄付で建設され、半年で目標額の150万円(現在の600億~700億円に相当)が集まったそうです。

 


 

 

 

 

3代目天守閣は80年を超える歴史を有する建造物



 

鉄筋コンクリート造でエレベーターがある「ビル」と揶揄される事もあった3代目天守閣ですが、完成後87年の歴史を有する貴重な建造物となっています。199793日、国の登録有形文化財に登録されるなど、最古級のSRC造の建造物として歴史的な価値が出てきています。大阪城天守閣の2017年度の入場者数は275万人で年連続で最高記録を更新し全国で1位の入場者数となっています。近年のインバウンドの追い風もあり入場者数はうなぎ登りですね。その為、入場者の約半数は外国人観光客との事です。

 

 

 

 

 

 

 

大阪城公園全体の魅力アップ

 



 

大阪城公園では2015年4月からパークマネジメント事業(PMO事業)による魅力創出への取り組みが行われており、昨年度はJO-TERRACE OSAKAMIRAIZA OSAKA-JOが誕生しました。また、PMO事業として新たに魅力創出施設「COOL JAPAN PARK OSAKA(クール ジャパン パーク オオサカ)」が2019年2月にオープンします。大阪城公園は史跡と博物館、集客施設が一体となった巨大なテーマパーク化が進んでおり、その方向性は来訪者の大幅増加といった結果から支持されている事が解ります。

 

 

5 Comments

アリー my dear

https://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20181109-OYO1T50017.html?from=oycont_top_txt

『大阪城公園管理に民活…5億円利益』

大阪城公園(大阪市中央区)で、民間のノウハウを生かして魅力向上を図る「民活」が軌道に乗ってきた。従来、公園は大阪市が直営で管理していたが、2015年度から民間会社が管理を担っており、飲食店などが入る集客施設を相次いで整備し、昨年度は約5億円の利益を生んだ。年内には夜も楽しめる体験型アトラクションも開業予定で、大阪のシンボルは「稼げる公園」に生まれ変わりつつある。

 10月19日夜、ライトアップされた天守閣の下で、来場者が阿波おどりや和太鼓の演奏を楽しんだ。

 会場は、旧陸軍第4師団司令部庁舎で01年まで市立博物館として使われていた建物を改装し、昨年10月にオープンした複合施設「MIRAIZA OSAKA―JO」(ミライザ大阪城)の屋上。3年ぶりに公園を訪れた京都市下京区の女性(45)は「以前は静かだった天守閣周辺が、別物のようににぎやか」と驚く。

 天守閣の17年度の入館者は275万人と、5年で約120万人も増えた。市は訪日外国人の増加を背景に観光拠点としての強化を目指し、15年度から民間企業6社でつくる「大阪城パークマネジメント共同事業体」(大阪城PMO)に公園管理を委ねている。

匿名

あと十三年で百年、一世紀か・・・
そう考えると凄いな。
石垣への負担を考えると無理に木造建築にする必要は皆無だな。

福島区民

大阪城天守閣はSRC造りじゃなかったっけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。