新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2021年4月竣工予定】京阪神OBPビル新築工事の状況 19.03



 

京阪神OBPビル新築工事は、大阪市中央区城見2丁目のOBP内で建設中のデータセンターを主体とした高層ビルの建設工事です。

京阪神ビルディングは、2018年5月10日付のニュースリリースで、大阪地区でのデータセンター(DC)ビルの旺盛な需要に応えるため、西心斎橋ビルに続く都心型DCビルとして、同社が培ったノウハウを結集し最高水準の安全性・信頼性・効率性を備えたグローバルで通用するDCビルを建設すると発表しました。計画地は、同社が富士通から2017年3月1日に取得したOBPの開発用地で敷地面積は6,673.00㎡です。

【出典元】
京阪神ビルディング>固定資産の取得(建築)に関するお知らせ
日経不動産マーケット情報>【売買】富士通から6600m2の開発用地、京阪神ビルディング


【過去記事】
京阪神OBPビル新築工事の状況 18.11
(仮称)京阪神 OBPビル、京阪神ビルディングがOBPに建設するデータセンターの状況 18.07
→(仮称)京阪神 OBPビル、京阪神ビルディングがOBPに建設するデータセンターの状況 18.06
京阪神ビルディングがOBPに建設するデータセンター(仮称)京阪神 OBPビル の概要が判明!
「京阪神ビルディング」が富士通から取得したOBPの開発予定地でボーリング調査が始まる!
大阪の副都心OBP(大阪ビジネスパーク)の用途拡大を決定!学校、病院、ビジネスサポートとしての居住施設が可能に!
「京阪神ビルディング」が富士通からOBPの開発用地を取得、データセンターを主用途とするビルを建設へ!

 

 



【スペック】
名称:京阪神OBPビル新築工事
所在地:大阪府大阪市中央区城見2丁目2番7
階数:地上16階、地下1階
高さ:118.03m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :
主用途:通信機械室、事務所、駐車場
総戸数:—-
敷地面積:6,673.00m2
建築面積:2821.28m2
延床面積:42,690.36m2 ※容積対象面積:38,551.53㎡
建築主:京阪神ビルディング
設計者:日建設計
施工者:鹿島建設
着工:2019年04月(予定)
竣工:2021年04月(予定)

 

 

 

 

 


京阪神OBPビルは需要動向に応じた仕様の変更(建物性能の向上)の為、建築・設備総額の取得額が約280億円から約320億円変更されました。

南側から見た様子です。

南東側から見た様子です。

北東側から見た様子です。

最後は北西側から見た様子です。

4 COMMENTS

アリー my dear

このビルによって、OBPが街の形として完成しますね。

じげ

80年代から開発の進んできたOBP最後のピースが埋まりますね

これからのOBPには京橋や大阪城公園と有機的に結びつきあいながら拠点機能を高めていってほしいですね。
特に、京橋駅地区と一体化することで京橋・OBP地区は梅田や難波に次ぐ大阪第三の拠点になれるポテンシャルを秘めていると思います。夢洲や中之島の開発もいいですが…。

匿名

設計者の欄、日企設計ではなくて日建設計ですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です