新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2022年度開業】富士スピードウェイにハイアット系ホテル「アンバウンド コレクション by Hyatt」が進出



トヨタグループの東和不動産は2019ね4月3日付けのニュースリリースで、富士スピードウェイの敷地内に、米ハイアット系のホテルブランド「アンバウンド コレクション by Hyatt」を2022年度に開業させると発表しました。

【出典元】
日本のモータースポーツ史を刻んできた「富士スピードウェイ」内にハイアットのホテルブランド「アンバウンド コレクションby Hyatt」が2022年度に誕生

 

 

 

アンバウンド コレクション by Hyatt とは?

 

 


アンバウンド コレクション by Hyatt:ホテル マルティネス

ハイアットが展開する数あるホテルブランドの中でも、独自性や非日常的な体験により唯一無二の魅力を持つホテルや施設を対象にしたコレクションブランドです。社の既存ホテルや独立系ホテルなど、歴史的な逸話のある伝統的なホテルや、特徴的なデザインのホテルなど、ラグジュアリーホテルが対象となります。今回のホテルは、富士スピードウェイでのモータースポーツの体感や、現在隣接地で進行中の「モータースポーツビレッジ(仮称)」ii と連動・呼応する存在となります。

 

新ホテルの計画地は富士スピードウェイの西ゲート付近。富士山の眺望を楽しめる立地に、貴重なヒストリックカーや富士スピードウェイの歴史を伝える充実したコレクションなどを鑑賞できる画期的な演出がなされます。客室は 45 平米以上で客室数は約120室程度。分割可能な 500平米の宴会場や 200平米の会議室も備え、内外からの MICE ビジネスの獲得も視野に入れています。レストラン、料飲施設、宴会場、会議室、温泉、室内プールを完備します。

1 COMMENT

アリー my dear

アンバウンド…初めて聞く名前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です