新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2020年度末完成】大和西大寺駅南北自由通路等整備工事の状況 19.06

 


近鉄大和西大寺駅は、奈良市中心市街地の近鉄奈良駅や、大阪、京都、橿原方面を結ぶ、観光、通勤における奈良市最大の公共交通機関の結節点である一方で、大型商業施設を有する居住エリアを駅、軌道が横断している状況です。西大寺駅の乗降人数は1日約47,000人で、地下通路と踏切の歩行者は1日約2,800人となっています。

奈良市と近鉄は軌道によって分断されている駅の南北を結ぶ自由通路整備工事を進めており、2017年11月から工事に着手し、2018年2月には北側駅前広場の仮整備工事を終え7月からは仮駅舎での供用を開始、9月末に旧北側駅舎の解体が終わりました。現在は南北自由通路の架設と既存駅舎の拡張部分の建設工事が行われています。

【出展元】
大和西大寺駅自由通路整備等工事のお知らせ
近鉄大和西大寺駅の自由通路本体工事の開始について(平成31年1月30日発表)
いよいよ開始!近鉄大和西大寺駅の自由通路本体工事

 

【2020年度末完成】大和西大寺駅南北自由通路等整備工事ー自由通路本体工事がついに着工!



 

 

 


大和西大寺駅整備計画の詳細図です。南北自由通路の整備、既存駅舎への接続工事、南北駅前広場の整備など、かなりの規模の工事が行われています。

 

 

 

2019年6月の現地の様子


ホーム上に南北自由通路の桁が架設されました!

 

 

 

 

 

 

北側駅前広場に向けて桁が伸びています。

 

 

 

 

南北自由通路の幅員は7mです。

 

 

 

 

 

南北自由通路とセットで既存駅舎が拡張されます。

 

 

 

 

 

ホーム上に拡張部分の柱が設置されていました。

 

 

 

 

 

既存駅舎の壁面が解体され架設になりました。写真の上空が拡張部分になります。

 

 

 

 

 

既存駅舎から南北自由通路通路を見た様子です。こうやって見ると拡張部分はかなり広いですね。

 

 

 

 

 

既存駅舎側の様子です。仮囲いの所で拡張部分と接続されます。

 

 

 

 

 

最後は南側駅前広場方面の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です