新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

近鉄が新型名阪特急80000系「ひのとり」を正式発表!2020年3月14日にデビュー決定!


近鉄は2019年8月30日付けのニュースリリースで、大阪-名古屋間を結ぶ新型名阪特急「80000系」愛称「ひのとり」の概要、運賃、ダイヤ発表しました。「ひのとり」は、「くつろぎのアップグレード」をコンセプトとし日本初となる全席バックシェル設置など、居住性を大幅に向上させた車両となります先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドの外観デザインは従来の近鉄特急のイメージを打ち破るものです。ひのとりは、2020年3月14日から運行を開始する予定です。

【出展元】
新型名阪特急「ひのとり」 2020年3月14日(土)デビュー!

 

近鉄が「ひのとり」「あやかぜ」を商標出願。新型名阪特急の愛称候補か?



【赤いアーバン】次世代名阪特急開発に伴う試験塗装が実施される。アーバンライナーPlusがメタリックレッドに変身!



 

 

 

 



「ひのとり」の名称は、先進的でスピード感ある車体フォルム、 深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆっ たりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しされました。 ロゴマークは近鉄の新たなシンボル特急として大きく飛翔していくことを期待して作成されました。

 

 

 

車両形式:80000系
運行開始日:2020年3月14日(土)
運行区間:大阪難波~近鉄名古屋間 大阪難波~近鉄奈良間でも一部の特急に運用予定
製造両数:6両編成×8編成、8両編成×3編成 全11編成 計72両

 

 

 

 

プレミアム車両(両先頭車両)

・プレミアム車両は全席3列シートで、後部座席の利用者に気兼ねなくリクライニング出来る「バックシェル」を設置
・ハイデッカー構造による高いアイポイントと前面
・側面の大型ガラスにより広がる眺望

・本革を使用した座席で、前後間隔は130cm【鉄道で日本最大級】 (アーバンライナーよりも25cm広く確保)
・横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションを設置
・天井間接照明にフルカラーLED照明を使用した上質な照明演出

 

 

 

日本最大級となるシートピッチ(前後間隔)1,300mmを確保したバックシェル付きの本皮シート。まるで飛行機のビジネスクラス。ビジネスクラスの様なシートといえば、JR東日本の新幹線に設定されているグランクラスが思い浮かびますが、グランクラスのシートピッチは1,300mm(グリーン車:1,160mm)で「ひのとり」のデラックス車両と同じです。バックシェル付きの本革シートは電動リクライニングやレッグレスト、シートヒータを備えた豪華仕様。私鉄特急最高と言い切れる凄まじいクオリティのシートが設定されました。

 

 

レギュラー車両(中間車両)

レギュラー車両も全席にバックシェルを設置し、シートピッチ116cmを確保。JRのグリーン社のシートピッチと大体同じです。特にバックシェルは後ろの利用者に気兼ねなくリクライニングする事が出来るので非常にありがたいですね。

 

 

 

 

サービス設備も充実

多目的な用途でご利用出来るベンチスペースやコーヒーサーバー、無料インターネット接続サービス(無料Wi-Fi)の提供 、各車両に、大型荷物を収容できるロッカー等の荷物置き場を設置するなど至れり尽くせりの造りとなっています。コーヒーサーバーはプレミアム利用者向けのサービス?と思いましたが、パースを拡大すると両替機の様なモノが描かれているので、本格的なコーヒーが有料で提供されると思います。

 

 

 

客室両端の上部に2画面設置された大型液晶ディスプレイにて乗換案内などを4ヶ国語で情報提供 、ダイヤが乱れた場合を含め、近鉄および接続他社路線のリアルタイムの列車運行情報が提供されます。

 

 

 

 

「ひのとり」料金と2020年3月からの運行ダイヤ

 

大阪難波-近鉄名古屋間の料金は、運賃・特別急行料金のほかに、特別車両料金を新たに設定。プレミアム車両が5240円(運賃2410円、特別急行料金1930円、特別車両料金900円)で、レギュラー車両が4540円(運賃2410円、特別急行料金1930円、特別車両料金200円)です。グランクラスと同等のシートを備えたプレミアム車両の料金が安すぎる!!!

 

 

 

2020年3月14日(土)より、6両編成×3編成を用いて大阪、名古屋から毎日6本ずつで運行を始め、順次本数を増加。2020年度中に、同区間を走る特急車両「アーバンライナー」の全列車が「ひのとり」に置き換えられます。

 

 

 

 

2020年3月のデビューが決定した「ひのとり」。メタリックレッドの車体、金色のロゴマーク、従来の水準を突き破った接客設備など、アーバンライナーが登場した時の衝撃に匹敵する、ハイクオリティーな車両がいよいよ姿を現します。

 

5 Comments

おろろN

訂正:すいません。前の書き込みに書いた定員はJR東日の新観光特急列車「サフィール踊り子」(しかも正確には164席)と間違えて書いてしまいました。
・・・ついでですがこの列車「しまかぜ」「ひのとり」と比べて見劣りしません・・・

コロン

「アーバンライナー」の名が継がれなかったのは残念だけども、これは素晴らしい…これぞKTクオリティ

いよいよ12200系も終わりか…乗っておかないとなぁ

おろろN

以前の図では空白のままだった部分はカフェコーナーと成りましたか。
コーヒーマシンの右にも何かの物販機らしき箱が描かれてますが菓子や軽食の類も販売されるのでしょうか?
いずれにせよ6両編成定員150人程の列車にカフェコーナー二ケ所に自販機コーナー一カ所とはかなりの充実ぶりです。
経費削減ばかりで定期特急がほぼ全てが特急料金で乗る急行(しかも供食・車販皆無)化しているJRは見習ってほしい処です。

サジャ

用も無いのに名古屋へ行きたくなりました。5240円ですか。イイですね。
あ、しまかぜにまだ乗って無いのです。そっちが先かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です