新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

大阪駅の環状線ホーム2番線にホームドアユニットが設置される!【2020年春頃可動】



JR西日本は2018年12月19日付けのニュースリリースで、大阪駅の12番ホーム、高槻駅の34番ホーム、岡山駅の新幹線2223番ホームに「可動式ホーム柵」を設置すると発表しました。大阪駅の1・2番ホームは環状線が発着し大量の利用客で終日混雑していますが、ついにホームドアが設置される事になりました。

【出展元】
JR西日本>岡山駅の2223番ホーム、大阪駅の12番ホーム、高槻駅の34番ホームに「可動式ホーム柵」を設置します。

 

【2020年春頃可動】大阪駅の環状線ホーム1番線にホームドアユニットが設置される!





 

 

 

現地の様子です。大阪駅環状線ホームでは先に内回り1番線にホームドアが設置され2019125日(木)から使用が始まりましたが続いて外回り2番線でもホームドアユニットの設置が行われています。環状線ホームのホームドアは、高さ:約1.3m、最大開口:約3.5m、柵延長約160mです。

 

 

現地の様子です。ユニットの設置が段階的に進められています。

 

 

 

設置されたユニットを3番のりばから見た様子です。

 

 

 

アップで見た様子です。ホームドアユニット、特に戸袋部は重量があるので設置箇所の補強が行われています。

 

 

 

さらに、ホーム西端で珍しい光景に出くわしました。

 

 

 

なんと設置前のホームドアユニットが大量に置かれているでは在りませんか!これはレアな光景です。。

 

 

 

ズラリとならんだ様子がなんだかシュールです。これは凄い・・・。

 

 

 

ユニットは運搬用のキャスターが取り付けられていました。これなら回送電車に積み込んで運搬する事が出来ますね。

 

 

 


最後は、おまけですが大阪駅のドーム屋根を見上げた様子です。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です