MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)茶屋町東急プロジェクト(茶屋町B-2地区)は26階建て2023年7月竣工予定!



東急不動産は2017年10月12日付けのニュースリリースで、同社と茶屋町B-2地区再開発準備組合が2017年9月29日付で、「茶屋町B-2地区市街地再開発事業における事業協力に関する基本協定書」を締結したと発表しました。この協定は、東急不動産がが2017年07月に、茶屋町B-2地区再開発事業にかかる事業協力者として選定されたことに伴い、事業協力の範囲や役割等を定め、本事業の円滑な推進を図ることを目的としています。

 

 

 

 

 

 



長らく動きが無かった茶屋町B-2地区ですが、三幸エステートのオフィスレントデータ2020に(仮)茶屋町東急プロジェクトは26階建て、300坪(基準階面積)、2023年7月の竣工予定との記載があり、同計画が水面下で進んでいる事が明らかになりました!

メチャクチャ大雑把な計算ですが、単純計算で300坪(基準階面積)=約990㎡×26フロア=延べ床面積25740㎡の規模になります。
高さは26階×階高4.5m=117mといった所でしょうか。2023年7月竣工予定という具体的なスケジュールが明記された事で同計画がいっきに現実的なモノになってきました。

 

 
 

 

※しろきちさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

https://twitter.com/osaka_sirokichi/status/1249378888435654656

3 COMMENTS

三刀流

住友商事が北浜の武田平野町ビルを解体し、事務所ビルを建設するそうです。

サジャ

311の震災で原発事故も有り日本はどうなるのかと思っていましたが、その数年後には大勢のインバウンドを迎える国になりました。確かにこの感染症で今は世界中が大きなダメージを受けていますがいつまでもそうではありません。
禍が終わった後はそれを取り戻すかのように世界は動き出します。
日本の歴史は良い見本です。
今から準備をしなくてはいけないですよね?

三刀流

こんな情勢でも、関西各地の再開発プロジェクトが進められているニュースは元気づけられます。これからもレポート待っています。ただ、野外で作業をする建設業界でも工事中断の動きが出てきたのが心配です。(20203年7月竣工予定 ?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE