【再都市化ナレッジデータベース】

阪急阪神不動産が「テレキューブ」を関西初導入。個室型スマートワークブースを阪急阪神グループ4施設に設置!


阪急阪神不動産とテレキューブサービスは、2020年3月6日付けのニュースリリースで、2020 年3月9日(月)から、テレキューブサービスが展開する個室型のスマートワークブース「テレキューブ」を阪急阪神不動産が管理する「阪急ターミナルビル」、「新大阪阪急ビル」、「阪急西宮ガーデンズ」、「エビスタ西宮」の共用部に順次導入すると発表しました。施設の共用部への「テレキューブ」導入は、関西で初めてとなります。

【出展元】
個室型スマートワークブース「テレキューブ」を関西で初導入

【公式サイト】
テレキューブ

 


阪急阪神不動産は、梅田や阪急・阪神沿線を中心に数多くのオフィス空間をテナント企業に賃貸してきましたが、昨今、働き方改革の流れを受け、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方が注目を集めている状況があります。

そこで、外出時のすき間時間などに、安心して気軽に働くことができる環境を提供し、働き方改革の流れを後押しすることで、沿線の魅力をより高める為、首都圏で実績のある個室型ス マートワークブース「テレキューブ」を導入する事になりました。

 

 

 

 


「テレキューブ」は、幅・奥行き共に 1.2m、高さ約 2.3mの電話ボックス型の施設です。施設内には、電源 コンセントや USB コネクタが敷設されているほか、 遮音性能も備わっておりプライバシーが確保された情報漏えいリスクが少ない空間となっています。 利用方法は事前に会員登録を行い、スマ ートフォンから空き時間を検索して予約、利用時は QR コードを読み取って利用するというものです。また、予約がない場合は即利用可能です。 今後は、利用状況を勘案しながら同社グループ沿線を中心に設置エリアを拡大することで、より働きやすい環境づ くりに取り組み、沿線の魅力の向上につなげて行くとしています。

 
外寸幅1,200mm×奥行 1,200mm×高さ 2,315mm
設備机、椅子、ダウンライト、電源コンセント×1、USBコネクタ×1、換気ファン
防音性能完全密閉型
入退室入口に表示されるQRコードを、利用者が所持するスマートフォンで読み取り開錠。退室の際は、そのまま退室します。
利用料金250円/15分(税別) ※15分ごとの従量課金制
 


今回のサービスに用いられる「TELECUBE by OKAMURA」は(株)ブイキューブとオカムラの共同開発製品。床・壁・天井すべての面が囲われた個室空間で、遮音、吸音、照明、換気の各機能が室内の快適性を高め、仕事に集中する環境をもたらしてくれます。防火性に十分配慮された仕様となっており、大掛かりな設備工事を必要とせずに、従来の家具と同様の扱いで設置が可能です。

 

 


テレキューブの利用料金は250 円/15 分(税別) で15 分ごとの従量課金制となっています。事前に会員登録を行い、決済用のクレジットカードを登録し、専用Webサイトから時間予約を行う事で利用出来ます。コワーキングスペースならぬ「コワーキングBOX」と言える、この新しいサービス。どの程度の実用性と需要があるのが、実機を見てみたいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です