【再都市化ナレッジデータベース】

三菱電機のLED青空照明「misola(ミソラ)」は「レイリー散乱」を模擬する事で自然な光を表現!



三菱電機は、奥行き感のある青空を模した発光パネルと自然な太陽光の差し込み感を再現する照明器具「misola」を2020年10月に発売すると発表しました。窓のない部屋や地下など閉鎖的な室内空間、オフィスや公共施設、病院など、様々な空間に導入する事で室内環境の改善が見込まれます。

misolaは、大気圏に太陽光が入射する際に大気を構成している分子によって発生する現象「レイリー散乱」をLEDパネルに利用し、青空をイメージした疑似的な天窓を作り出します。フレーム部の3面を光らせ、残り1面を点灯させないことで、自然な太陽光の差し込み感を演出し、フレームから放出される光は一般的なオフィス照明と同等の約3900ルーメンを確保しています。

【出展元】
三菱電機>青空照明
ラフォーレエンジニアリング>CoeLux

 

青空の生成原理であるレイリー散乱を模擬


実際の青空では、太陽光が大気中の分子によりレイリー散乱されています。波長の短い青い光は波長の長い赤い光よりも強く散乱されるため、昼間に地上から見上げる空は青く見えます。misolaは、太陽に相当するLED光源部と、大気に相当する光散乱体を用い、LED光をレイリー散乱させることで自然に近い青空を表現。自然に近い光で開放的な空間を演出する製品です。

 

 

 

朝焼けや夕焼けなどの色変化も実現

 



misolaは、色の異なるLED光源の発光量を時間的に変化させることで、昼間の青空だけでなく朝焼けや夕焼けも表現できます。昼間は白色LEDを点灯し橙色LEDは非点灯に、朝や夕方には白色LEDを弱く点灯させ橙色LEDを点灯し、光の色変化を実現します。

 

 

 

屋内の閉塞感を解消する新たな照明技術



窓のない部屋や地下といった閉鎖的な室内空間、オフィスや公共施設など、様々な空間へ適用できます。通常のLED照明方式では実現できなかった自然でかつ開放感あふれる室内空間を提供し、快適性向上に貢献します。

 

 

イタリア『CoeLux(コールクス)』に続く三菱の青空照明



 

青空照明はイタリアのスタートアップが開発した『CoeLux(コールクス)』が商品化で先行しています。「CoeLux」(コールクス)は白色LED光源を2枚のミラーで反射させ、光を大気圏で発生している「レイリー散乱」を再現する特殊なアクリル板に通すことで、本物のような青空と陽射しを実現しています。

 

 



ここまでは三菱のmisolaと似た仕組みですが「CoeLux」のハイエンド機種は青空に浮か太陽の輪郭を再現し、斜め方向から差し込む太陽の柔らかい陽射しを表現する事が出来るなど、三菱電機のmisolaに比べると、より「リアリティを追求」しており、かなりの高価格商品となっています。また機器はかなりの厚みがある為、設置難易度が高めです。

 

 

 



一方、三菱電機の「misola」は青空を模したのみで『光が差し込む感』は再現していませんが、自然光を再現しつつ、全体をまんべんなく照らす事が出来ます。「CoeLux」に比べると安価で厚みが薄い為一般的なオフィス照明に近い感覚で設置する事ができます。光散乱体の側面からLED光を導光させるエッジライト方式によりパネルを薄型化しており、一般的な埋込形照明器具と同等の厚さ120mm以下となる構造を実現し、施工が容易です。

misolaの価格は、専用リモコンによる手動切り替えタイプで68万円(税別)で、コントロール機器1式を追加したスケジュール制御タイプが75万円(税別)。CoeLuxは商品構成はハイエンドのCoeLux HE(630万円〜)、ミドルレンジのCoeLux-LS(85万円)、ローエンドのCoeLux-ST(50万円)となっています。

 

 

青空照明が不動産の価値を変える!?



三菱電機misola(ミソラ)やCoeLux(コールクス)が普及すると、窓のない部屋や地下エリアでも外界の雰囲気を感じることができ、閉塞感による心理的ストレスを軽減する効果が期待できます。またオフィスのエントランスやホテルのロビー、路面店舗などで内装デザインの一部として取り込むことで、屋内にいながら青空を感じることができる今までにない印象的な空間を演出することが可能になります。

屋内の閉塞感を解消する新たな照明技術は、今まで「日当たりが悪い」「窓が無い」使い勝手の悪い部屋や場所を、「使える場所」に変える可能性があり、案外、不動産業界のゲームチェンジャーになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です