【再都市化ナレッジデータベース】

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋 宿泊記(客室編)


Go To トラベル キャンペーンを利用して宿泊したザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋。レポート2回目は客室編です。エントランスやロビー階の様子は下記の記事にまとめていますので、是非ご覧下さい。

 

 

 

 


今回宿泊したのは、フロアのスタンダードツイン(26㎡)です。このホテルでは一番ベーシックなグレードだと思います。ベッドはシモンズ社製でサイズはW110cm×L197cm。全室のバスルームが洗い場付きのジャパニーズスタイルです。

 

 

 

 


ベッドボードまわりの様子です。

 

 

 

 


この客室にはインドアがあり廊下や水廻りと仕切る事ができます。その為プライベート感が高かったです。

 

 


テーブル付近の様子です。客室は差し色に「いちょうの落ち葉」を連想させる「黄色」が各所に配されています。

 

 

 



 

ナイトパネル付近の様子です。コンセント+USB端子がイマドキな感じです。

 

 


テレビボードはこんな感じでレイアウトされています。

 

 

 

 

 


テレビはスマート化されており、なんとChromecastを搭載していました!

これは本当に驚きで嬉しい設備です。手持ちのスマホからyotubeの「癒やし系BGM」などを再生させ、客室を好みの音楽が流れるヒーリング空間に変える事ができました。Chromecastなど、スマホからキャストする設備は今後は一般的になって行くのではないでしょうか。

 

 


チェアとコーヒーテーブルの様子です。ベッド以外の居場所があるのは、ありがたいです。

 

 

 

 


食器棚がお洒落過ぎて使う事を躊躇するレベルでした(笑い)。冷蔵庫はこの下に収納されいました。

 

 

 


水廻りの様子です。質感がビジネスホテルを超えており、完全にシティホテルレベルに達しています。ここにも「黄色」の差し色が。

 

 

 


バスルームの様子です。1217か1317サイズぐらいの広さでしょうか。少し小さめですが、洗い付きなので「水はね」で床を塗らす事を寛ぐ事が出来ました。

 

 

 

 


レインシャワーも備わっていました。これは嬉しいですね。

 

 

 


初めて宿泊したザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋。今回宿泊したスタンダードツインの部屋でも十分過ぎるほど快適で、大変満足する事ができました。

次回、ホテルからの眺め編に続きます(実は、これが本編かも・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です