MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

星野リゾート 界 由布院 基本設計・意匠監修は隈研吾氏が担当、棚田のようなランドスケープを一望 【2022年夏開業予定】


星野リゾートは、2020108日付けのニュースリリースで、大分県由布市において「星野リゾート 界 由布院」の起工式を執り行い、202012月初旬に着工すると発表しました。

この事業は、TLS6特定目的会社が大分県由布市湯布院町に温泉旅館「星野リゾート 界 由布院」を建設するもので、東急リバブルがプロジェクトマネージャー兼アセットマネージャーとして、開発計画から建築までの一連の工程をマネジメントしており、星野リゾートがホテルの運営を行い、温泉旅館ブランド「界」として2022年夏の開業を目指しています。

【出展元】
「星野リゾート 界 由布院」着工のお知らせ|着工時期:202012月初旬
東急リバブルの開発型アセットマネジメント事業「星野リゾート 界 由布院」の本体工事に着手

 

 

 

基本設計・意匠監修は隈研吾建築都市設計事務所が手がけ、豊かな自然や趣きのある農村を感じられ、エントランスの先にあるライブラリーからは斜面に広がる棚田のようなランドスケープを一望できます。また、自然と一体化した長い濡れ縁(ぬれえん)(建物の外壁から張り出した外部の床)では、朝霧がたつ幻想的な風景を眺めながらゆったりと寛げるほか、雄大な由布岳に面した大浴場で名湯の湯浴みを堪能できるなど、由布院の豊かな自然を心ゆくまで感じられるデザインを予定しています。

 


星野リゾートは2020105日に、九州で温泉旅館ブランド「界」を中心とした事業展開を推進すると発表しています。九州各地に点在する温泉に加え、地域性を活かした滞在や職人との取り組みを強化し、国内外からの誘客を図る計画で、星野リゾート代表の星野佳路氏は、「九州は巨大カルデラ、日本創生にまつわる神話など、国内の他の場所と違う観光要素を持っている。星野リゾートは九州に進出せざるを得ない」と語りました。今後は、2021129日に「界 霧島」(鹿児島県・霧島温泉)、2021年夏に「界 別府」(大分県・別府温泉)を相次いで開業する予定です。

 

 

 

 


名  称 星野リゾート 界 由布院
所  在 大分県由布市湯布院町大字川上字宇土561番地他
用  途 旅館
土地面積 35,562.24㎡(10,757.5坪)
建築面積 2,721.80㎡(823.3坪)
延床面積 4,365.70㎡(1,320.6坪)
構  造 パブリック棟2階建、客室棟3階建×4棟、離れ平屋建×計5室
部 屋 数 45室
施工会社 フジタ・新成建設特定建設工事共同企業体
設計会社 隈研吾建築都市設計事務所
運営会社 星野リゾート
竣  工 2022年5月(予定)
開  業 2022年夏(予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です