MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【JR九州】西九州新幹線車両デザイン決定!和洋折衷・クラシックとモダンが組み合わされた懐かしくて新しい空間を表現


エクステリア

JR九州は2021年7月28日付けのニュースリリースで、2022年度秋頃に開業を予定している西九州新幹線の車両デザインが決定したと発表しました。デザインのコンセプトは「九州らしいオンリーワン」の車両。新幹線「つばめ」のDNAを維持し、変化・進化させて新幹線「かもめ」を表現し、西九州から吹く暖かくて優しい風を世界へ届ける、としてます。

エクステリアデザインは、JR九州のコーポレートカラーである赤を配色し、シンボルマークやロゴを配置。毛筆の「かもめ」の書体をあしらいました。インテリアデザインは、『優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい』をテーマに色、形、素材をセレクト。和洋折衷、クラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくて新しい空間を表現しています。

【出展元】
西九州新幹線車両デザイン決定!!

 

 

インテリア(指定席)

 

1号車:菊大柄

 

 

2号車:獅子柄

 

 

3号車:唐草

 

指定席 :腰掛2席×2席配席(1号車:定員40名、2号車:定員76名、3号車:定員47名)

インテリア(自由席・4号車~6号車)

自由席・4号車~6号車

自由席 :腰掛2席×3席配席(4号車、5号車:定員86名、6号車:定員61名)

 

 

デッキ(3号車)


デッキ(3号車)

2 COMMENTS

三刀

西九州新幹線の開通区間は武雄温泉ー長崎間66キロです。新幹線なので最低でも時速200キロで走行するので20分ほどで着いてしまいます。乗車して席を見つけて荷物を網棚にあげ、上着を窓辺にかけてたら、もう下車の準備です。
「『優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい』をテーマに色、形、素材をセレクト。和洋折衷、クラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくて新しい空間」を楽しむ時間は数分ぐらいでしょうか。
それでも新大阪ー京都間を、新快速でなく、わざわざ新幹線に乗るような贅沢な気分にはなれそうです。
この短い区間に中間駅が3駅もあります。スピードより沿線地元の要請を重視したのでしょうか。とても新幹線とは思えません。

アリー my dear

いいデザイン♪ カッコいいです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です