MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

富山 ワンビエント神通峡は2022年10月オープン!ITの存在を意識できない『カームテクノロジー』で自然と建築とデザインを融合



ワンビエント神通峡は、ミシュランガイドで富山唯一の『4レッドパビリオン』獲得実績があるホテル「リバーリトリート雅樂倶」に隣接・連携する3棟4室の宿泊施設です。

自然現象を表現する「ONEBIENT」は、自然エネルギーを建築の内部に取り込み、絶えず室内環境の快適性を維持する宿泊施設。建築家の浜田晶則氏と、アーティストの穴井佑樹氏が共同で設計を担当し、建築とアートと自然が融合する「イマーシブ」な空間を創造するプロジェクト。存在を意識できないほど周囲の環境に溶け込んだ情報技術のデザイン『カームテクノロジー』による無人サービスを開発、まったく新しい没入型の宿泊体験を提供します。

【出展元】
アートヴィラ「ONEBIENT 神通峡」2022年秋、富山市にオープン

 

 

 



富山の環境特性である、多湿・本州一の多様な植生・名水に着目し、その土地特有の自然現象を建築の一部として取り入れることで、建築とアートと自然が融合した没入感のある空間作りを行います。富山の環境特性である、多湿・本州一の多様な植生・名水に着目し、それぞれの自然現象を3棟4室のアートヴィラで表現します。

 

 


また、特別なアートサウナを別棟で楽しむ事ができます。太陽光発電や薪ボイラーの活用、電力供給に頼らない完全オフグリッドを目指し、施設運営の自動化も可能にする独自の統合制御システムを導入予定。建築全体をテクノロジーで制御することにより、非接触対応といった安心・安全性への配慮と運営の省人化、環境負荷を低減するサスティナビリティ化、歴史的建造物の保存・維持の簡易化など、多くの可能性が広がっています。

事情を手掛けるHodge社は、建築とテクノロジーが一体となった施設を先駆けて展開しながら、ワンビエント事業では、新しい時代にふさわしい都市や建築の在り方を示すひとつの方法として、その土地の自然だけでなく、多様な地域資産(文化・食・人)と共生していきたいと考えです。今後は「ワンビエント神通峡」に次いで滋賀県大津市にも新たに展開を予定しています。

 

“雲海”に包まれる客室「雲庭 -kumoniwa-」



「雲庭 -kumoniwa-」は、“雲海”に包まれる客室。霧を人工的に発生させるシステムを用いて「雲海」を再現。風や雨を受けて“雲”が揺らぐ様子はなんとも幻想的で、雲の上を泳ぐかのような体験を味わえます。

 

温室植物とともに過ごす「宿森 -yadomori-」



多様な植物の生態系に包まれる、温室のような客室「宿森 -yadomori-」。ETFE膜(高性能フッ素樹脂フィルム)を建築全体の壁面に採用した国内初の宿泊施設です。通風・空調や採光をテクノロジーで自動制御することで、内部の環境や生態系を安定させており、野性的な自然環境と快適な室内環境を両立させています。

 

 

水とともに過ごす岩の客室「川吟 -kawautai-」



空間一体が岩で覆われた客室で、水とともに過ごす「川吟 -kawautai-」。室内では、川の波紋が絶えず揺らぎ、ほのかな光が差す川底で過ごしているかのような気分を感じられます。エントランスでは、人の出入りを認識し、水の雫が静かに光ります。

 

近隣レストランで食事も楽しむ



近隣のレストランでは、旬の食材を使った食事を。「リバーリトリート雅樂倶」内にあるミシュラン一つ星のフレンチガストロノミー「Trésonnier」と、富山の食材をふんだんに使用した懐石料理の名店「和彩膳所 樂味」、サスティナブルな食を提供するミシュラングリーンスターを獲得した地方創作料理の名店「hamadaya LABO」が楽しめます。

 

 

 

【詳細】
ワンビエント(ONEBIENT)神通峡
開業予定日: 2022年10月
住所: 富山県富山市春日56-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です