【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

高さ最大80m!工事中の「神戸ポートタワー」でプロジェクションマッピングを実施!


神戸市は2021年12月16日付けのニュースリリースで、リニューアル工事が戸なわれている「神戸ポートタワー」をアートのキャンバスに見立てたプロジェクションマッピングを1月14日(金曜)より開催すると発表しました。

市は、神戸ウォーターフロントエリア全体の魅力を発信するため、2022年1月から2023年春にかけて神戸の街とアートを掛け合わせた「神戸ウォーターフロント アートプロジェクト」を実施します。今回のプロジェクションマッピングはその一環として行われます。

イベントがスタートする2022年1月14日時点の投影面は高さ40m程度で、2月頃に高さ80m程度の投影範囲となる予定です。

【出展元】
神戸ウォーターフロント アートプロジェクトが始動 神戸ポートタワープロジェクションマッピング 114日(金曜)より開始~高さは最大80m!港や鯉、アジサイなど神戸ゆかりのモチーフがキャンバスに見立てたタワーを彩る~

 

 

プロジェクションマッピング概要



神戸を行き交う様々な人達を、60年近く見守ってきた神戸の象徴ともいえるポートタワーを、アートのキャンバスに見立てたプロジェクションマッピングを実施。

第一弾のプロジェクションマッピングコンテンツは「One and only」と題して、神戸ポートタワーの唯一無二の存在と神戸のアート性・多様性を表現。市民の花 アジサイ、フィッシュ・ダンスの鯉、港や街並みなどの神戸ならではのシーンや、縦長の投影面を活かした高さ70mの巨大なマネキンが出現するなど、世界観が次々と変わるコンテンツとなります。

 

 

 

 



映像制作はシムディレクト・タケナカが担当し、国内外で活躍する作家BAKIBAKIの伝統とストリートカルチャーの融合を体現した「BAKI 柄」を加えたグラフィックシーンも登場予定です。

プロジェクションマッピング以外にも、昼間はポートタワーの形状を活かしたグラフィック、夜間はカラーライトアップを実施し、リニューアル期間のみに登場する様々な演出が行われます。約1年を通じて行うプロジェクションマッピング、第二弾以降のコンテンツにも期待が高まりますね!

 

 

 

イベント実施概要



実施期間:2022年1月14日(金曜)~2023年春
(第一弾コンテンツ「One and only」は、2022年春まで)
投影時間:19:00~22:00、毎時0分・30分の計7回、1回あたり約6分間
※足場ライトアップ時間は、日没~23:30
※1月9日~13日は、プロジェクションマッピングの現地調整のため、通常の足場ライトアップが行われていない場合がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。