MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「ウェスティンホテル横浜」みなとみらい地区に日本国内6番目のウェスティンホテルが出店【2022年5月下旬開業】


マリオット・インターナショナルは2021年12月21日付けのニュースリリースで、横浜市のみなとみらい21地区で、積水ハウスとともに開発を進めている「ウェスティホテル横浜(THE WESTIN YOKOHAMA)」を2022年5月下旬にオープンすると発表しました!

計画地は横浜市西区みなとみらい4-2-8で、みなとみらいエリアの観光地や、近年相次いで開業したKT Zepp Yokohama ぴあアリーナMMといったイベント施設も至近な立地です。みなとみらい駅から徒歩約5分のほか、JR横浜駅や桜木町駅、みなとみらい線 新高島駅、地下鉄ブルーライン 高島町駅からも徒歩圏で交通利便性に優れた立地です。

【出展元】
みなとみらい21地区に誕生する外資系ライフスタイルホテル「ウェスティンホテル横浜」20225月下旬に開業
2022年は世界で30軒以上のラグジュアリーホテルを開業し継続的にポートフォリオを拡大へ


ホテルは地上23階建てで、客室は373室、一部に長期滞在型ホテル201室を併設。レストランや、様々なウェルネスプログラムを実現する付帯施設を有するフルサービスのホテルです。フランス料理の「ブラッスリー・デュ・ケ」、日本料理の「喫水線」、地上23階のグリルレストラン「アイアンベイ」のほか、バー、ペストリーショップなど、5つのレストラン&バーを備えます。

ウェスティンは、「ウェルネス」をコンセプトに自然志向・健康志向を特長としており、心身ともに満たされた「ウェルビーイング」な時間を過ごしていただくことを目指しています。「ウェスティホテル横浜」では、ブランドを象徴し受賞歴を誇るヘブンリーベッドを取り入れるほか、屋外でのランニングプログラム「ラン ウェスティン」、スパやフィットネススタジオ「WestinWORKOUT」などの付帯施設やサービスを提供します。今回の開業により、日本国内で展開するウェスティンホテルは全6軒となります。

 

 

継続的にポートフォリオを拡大し続けるマリオット


リッツ・カールトン・リザーブ九寨溝

マリオット・インターナショナルは、2022年に30軒以上のラグジュアリーホテルを開業させる予定であることを発表し継続的にポートフォリオを拡大する事を明らかにしました。同社は、ザ・リッツカールトン、リッツ・カールトン・リザーブ、セントレジス、W、ラグジュアリーコレクション、エディション、JWマリオット、ブルガリといった世界的に有名なホテルブランドを擁しており、現在、68の国と地域に460を超えるラグジュアリーホテルとリゾートのネットワークを有しています。

2022年に開業予定の30軒のホテルを含め、メキシコ、ポルトガル、オーストラリアや韓国など観光地として人気の国だけでなく、新興の都市でも190軒近いホテルを開発中で、ラグジュアリーホテルを拡大する態勢を整えています。

 

 

マリオットが展開するラグジュアリーブランド


Wシドニー

◆ザ・リッツ・カールトン
その土地に合わせたデザインと比類のないサービスに重点を置くザ・リッツ・カールトンは、イノベーションを推進し、ラグジュアリーホスピタリティのスタンダードを確立し続けています。2021年には、モルディブ、タークス・カイコス諸島、メキシコシティなど、人気の観光地にブランドを導入しました。

◆セントレジス
セント レジス ホテルズ&リゾーツは、その時代を超えた洗練さと、豊かな伝統、グラマラスな精神を通じて、象徴的なホスピタリティブランドからグローバルラグジュアリーへの道を切り開き、今後1年間で世界で50軒目となるホテルのオープンを見込んでいます。2021年には、カイロおよびドバイにそれぞれ2つの施設を導入して中東での展開を進め、2022年にはカタールにセント レジス マルサ アラビアアイランド・ザ パールをオープンして、この地域でさらにブランドを拡大することを見込んでいます。さらに、2022年には、シカゴにセント レジスがオープンする予定です。

◆Wホテル
2021年、Wホテルはナッシュビル、大阪、フィラデルフィア、メルボルン、アモイ、ローマなどの都市に新規オープンしました。世界中に約60のホテルを展開するWホテルは、ディテールにこだわったデザイン、刺激的なエネルギー、賑やかなカクテルとダイニング文化、そして都市ごとに異なる洗練されたプログラムが特徴的です。。Wホテルでの体験を再定義し、さらに高めることに焦点を当て、2022年はアルガルヴェ、シドニー、ドバイ、トロントなどでのオープンが予定されています。

◆エディションホテルズ
ラグジュアリーの概念を再定義する、予想外かつ新鮮なオンリーワンホテルのコレクションであるエディションホテルズは、2021年にレイキャビクとドバイでパーソナルで親密なホスピタリティ体験を実現させました。エディションホテルズはForbesで「世界で最もホットなブランド」に選ばれるなど、洗練されたデザイン、デスティネーションの厳選されたテイスト、そしてモダンなサービスを提供しています。エディション・ホテルズは、2022年にはマドリード、ローマ、ドーハ、タンパ、リビエラ・マヤ、そして日本では国内2軒目となる東京・銀座を含む6軒のホテルをオープンし、全世界でのさらなるブランド拡大を予定しています。

◆ラグジュアリーコレクション
ラグジュアリーコレクションは、世界40以上の国と地域に約120のホテルを展開するブランドとして成長を続けています。2021年には、ブダペストのマチルド・パレスのオープンによりハンガリーで開業し、北米ではザ・ハイスを通じて山小屋風のインテリアとロッキー山脈の活気をベイルにもたらし、韓国ではチョスンパレスのオープンにより遺産からインスピレーションを得た独特のデザインを披露しました。

◆JWマリオット
JWマリオットは、2021年にシャーロット、モンテレイ、上海、タンパにホテルを開業しました。35以上の国と地域に100以上の施設を持つJWマリオットは、卓越したサービスを提供し、有意義なつながりを育む体験と環境をお届けすることに尽力しています。2022年、JWマリオットはカイロからイスタンブールメキシコから韓国・済州島に至るまで、新しくホテルをオープンします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です