MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【大阪IR】大阪府市がIRの「区域整備計画」案の骨子を発表、関西企業など20社が参加し計1000億円強を出資!2029年開業を目指す

大阪府と大阪市は2021年12月21日に、カジノを中核とした統合型リゾート(IR)の誘致計画となる「区域整備計画」案の骨子を発表しました。また、関西企業など20社が計1000億円強を出資することが明らかになりました。骨子は、大阪府・市、事業者のMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックス連合が共同で取りまとめました。

統合型リゾートの施設名称は「大阪IR」で、大阪ベイエリアの夢洲北側の約49haを候補地とし、施設の総延べ床面積は約77万㎡で、このうちカジノ施設は約6.5万㎡となります。開業時期については、これまで「2020年代後半」としていましたが、工期などを考慮して想定される中で最も遅い「2029年」と明記されました。近畿圏への経済効果が年間約1兆1400億円と試算されました。

また、候補地で土壌汚染や液状化対策が必要なことが判明し、改良工事やコロナ禍の影響によっては後ろにずれる可能性があります。土地所有者の大阪市は土壌対策の費用はを約790億円と発表。IRを国際観光拠点にする狙いから、市が全額を負担する考えを示しました。

 

コンソーシアムを編成し資金調達計画が進む

 


大阪IRの初期投資額が約1兆800億円と破格の規模で、実現するには資金調達が鍵となりますが、着々と準備が進んでいます。IRの初期投資額の51%にあたる約5500億円は融資で調達します。既に三菱UFJ銀行と三井住友銀行から融資を確約する「コミットメントレター」を取り付けており、2行を中心に金融機関が融資団を編成します。

また、半分弱にあたる約5300億円については、関係企業による出資でまかないます。MGM、オリックスがそれぞれ40%を出資し、残りの20%を関西電力パナソニック、NTT西日本、近鉄GHD、JTB、日本通運などが出資します。20社の合計の出資額は約1000億円強で、出資企業は今後増える可能性があります。施設の整備・運営は設立する特定目的会社(SPC)が担います。出資企業は大阪IRの核心的な情報にいち早くアクセスできる他、IR事業に深く参加できる可能性が高まります。

さらに府と市が、ギャンブル依存症対策の支援拠点となる「大阪依存症センター」(仮称)を設置し、若年層向けの予防啓発や治療可能な医療機関の拡充に取り組むことが盛り込まれました。具体的な依存症対策を持たないパチンコや競馬など、既存のギャンブル施設に比べると入念な対策が取られています。

 

 

 



国内の3つのIR候補地の中で、大阪が最も実現可能性が高い理由は、MGMとオリックスという国内外、それぞれのメジャープレーヤーがアライアンスを組み、さらに多くの地元企業が参画し、一大コンソーシアムを形成している所にあります。また、現在の大阪府知事・市長は、IR誘致を公約に掲げ選挙を経て当選しており、他の候補地に比べて民意を得ていると判断する事ができます。今後は、府と市は1月に府民向けの公聴会を実施し、府、市両議会での同意を得た上で提出期限は2021年4月28日までに国に提出します。

20 COMMENTS

「大都市では唯一人口減の衰退都市に変貌した」というのは、何年から何年に掛けての人口でしょうか。
総務省統計局令和3年6月25日によると、
2015年~2020年では、神戸市が-0.7%、京都市も-0.7%、北九州市が-2.3%、堺市が-1.5%、新潟市が-2.5%、他にも人口が減少している大都市があるようです。
唯一人口減の意味を説明していただくと、説得力がでるかも。

大阪淀屋

関空を拒否した貿易都市神戸市はその後いろんな施策を実施しても成果をあげれず大都市では唯一
人口減の衰退都市に変貌した。
成長都市には必ず決定打がある。東京には一極集中という国の後押しが、名古屋はトヨタが、福岡はアジアのゲートウェイと住環境が。

インバウンドで再生しつつある大阪にとって、IRが最大・最高の決定打だが、仮にストップすれば関空拒否した神戸市の後を追い、いろんな施策を打っても焼け石に水だろう。
今月無事議会の承認を受け、国に申請することを願う。2月は大阪再生の正念場となってきた。

ロング

福島区民さま>

情報ありがとうございます!
大阪IRは着々と準備が進んでいますね。

天王寺区民

>大阪市にIR業者以外の企業対しても汚染土壌除去費用を市が負担することを国が促すとか、代わりに国が負担するか等ですね。

勘違いされているのでしょうか?私は基本的に大阪都民さんと大体同じ意見ですよ。
いくら言い出しっぺが大阪府市、大阪維新とはいえ、最終的には安倍政権が旗振り役となって、国家プロジェクトとしてIRをぶち上げた以上、大阪市だけの負担は筋違いだと思っています。やはり国が負担すべきです。110兆+補正数十兆の国家予算を考えれば、全く大した金額ではないんですから。あと、仰るように行政の公平性にも疑問が投げかけられます。

>夢洲二期(万博跡地)や三期にIR(カジノを含む統合型リゾート施設)の開発予定はありませんよ笑 現在予定されているのは万博跡地がテーマパークや医療ツーリズム施設等で三期が長期滞在型施設だったと思います。

ですから、それが二期、三期開発なんです。カジノを内包しないことは承知しています。シンガポールの例を見てもわかる通り、カジノ以外の施設がどれだけ充実しているかが、そのIRの価値に繋がります。なので余計に二期、三期開発は重要なんです。大阪府よりも人口の少ないシンガポールが、今やアジアを代表する都市になったのは、世界中から超富裕層とそれに付随する何兆という金を集め続けているからです。その超富裕層集客装置を、二期、三期開発でしっかりと作れるかが、大阪や日本の未来を占う一端になります。

前回の私の書き方が不十分だったのかも分かりませんが、大阪都民さんを標的に言述したわけではないです(誤解を生んだようでしたら申し訳ありませんでした)。ただ、私はこの巨大プロジェクトを、維新支持VS反維新のような小さな政治争いの道具にして欲しくないと思っています。そんな小さなことで争っている内に、日本は急速に衰退していくんですから。
もう今やアメリカから見た日本は、日本から見た東南アジアだそうです。安くて質の高い労働者がいる国、だそうです。日本の一人あたりの所得もシンガポールの3分の2まで落ちてます。正直悔しいですよ。大阪や日本の未来を憂う一市民の戯言だと思って下さい。

大阪都民

夢洲二期(万博跡地)や三期にIR(カジノを含む統合型リゾート施設)の開発予定はありませんよ笑
現在予定されているのは万博跡地がテーマパークや医療ツーリズム施設等で三期が長期滞在型施設だったと思います。
当初の予定でも夢洲にIRを複数作る計画はないかと。それに、国家プロジェクトとなら、なおさらカジノ業者以外とのバランスはより重視すべきでしょう。大阪市にIR業者以外の企業対しても汚染土壌除去費用を市が負担することを国が促すとか、代わりに国が負担するか等ですね。
因みに規模が当初の計画に比べ縮小されたと書いたのは一期(IR)の部分に関してですね。
他のエリアはまだ不明ですので。

天王寺区民

色んな議論があって良いと思いますが、そもそも統合型リゾート誘致の原点を思い出すべきですよね。
日本は今後、世界史上初の戦争や疫病を伴わない人口急減に直面していきます。一年で100万人、政令市一つ分が毎年消えていきます。
経済は人口×一人当たりの生産力(一人当たりの消費力)で決まります。ロボットやAIで解決や!という人もいますが、ロボットやAIは生産することは出来ても消費はせず、実質経済への寄与度はゼロです。つまり日本の衰退は既定路線なのです。
そこで、その急激な衰退を少しでも緩やかにするために生まれた考えが、「交流人口」や「短期移民」という考えです。どちらも、専ら観光客、特に後者は中長期観光客のことです。移民に抵抗のある日本人でも、一週間〜一ヶ月程度日本に滞在し、日本で消費し、その後自国へ戻るだけなら、比較的受け入れられるだろう、という考えからです。
その短期移民を受け入れる都市インフラの一つとして整備されるのが、何を隠そうこのIRです。
なので政府は当初、近畿に一つ、関東に一つ、地方に2〜3個を目処としていたのです。
規模うんぬんは、今後の政府の方針や世界情勢によって変わりますし、そもそも維新うんぬんの話ではないのです(維新が積極的に進めているのは確かだが)。また夢洲IRは二期開発、三期開発があり、今回発表されたのはあくまで一期にすぎません。特に、三期エリアの開発で、長期滞在者向け施設を整備する、というのは、先述した「短期移民」受け入れの考えからなのです。
よって、夢洲IRは国家プロジェクトであり、日本の衰退を緩やかにする装置を大阪に作ろうとしている、という解釈か妥当。

大阪都民

いうてIRの案も当初の規模からめちゃ縮小してるけどね笑笑
さらに汚染土壌除去のための出費。
また、他の人工島における民間企業との汚染土壌が発見された場合における特約を撤廃するのか大阪市は未だに明言していないので、維新信者以外は納得しないと思うから先通りの不透明感が凄い。

吉本は、IRで一儲けしようと目論んでいるそうですね。
吉本の芸人が維新を応援しているような発言をするのは、そのためと思います。
吉本に頭が上がらない在阪テレビ局や、吉村に的確な質問をしない在阪マスコミが今後は、
不都合な真実を報道するかが見ものです。

大阪淀屋

補佐官人事から大阪府市が全力でIRに取り組んでいることがよく理解できます。
経済界の総力を結集したうえ、安倍氏や菅氏の政治力を借りてでもという意気込みが伝わってきます。
さすがです。
2022年の大阪および関西の最大の課題は大阪IRが認可されるかどうかと言っても過言ではないです。
認可されればいろんな鉄道計画や道路計画のインフラの整備が動き出し、投資が加速します。
IRが出来れば1万5千人の雇用者のうち3000人は1000万円以上の高賃金雇用者と推測され、宿泊施設2500室はVIP専用と推測され、更に金融業で1000人の高賃金雇用者が大阪周辺に居住するとなれば大阪はじめ関西は潤う。なによりIRと金融で一攫千金の夢のある街となります。
IRの女性デイラーは美人が多く、東京マスコミが報じなくても大阪は吉本一辺倒からのイメージが一新されます。
金と美女で全国、全世界から人があつまるわな。

福島区民

大阪IRプロジェクトは政治的ヘビー級からの支持を得る

https://www.gamblingnews.com/news/osakas-ir-project-gets-support-from-political-heavyweight/?amp

日本の統合型リゾート(IR)計画の最終段階が急速に近づいています。 提案書の提出が必要になるまであと数ヶ月で、大阪はつながりのある個人を呼び込む。
大阪府市は、大阪の都市計画の補佐官として、和泉洋人元顧問を任命した。 これにはカジノリゾートの開発が含まれ、日本の政府によって承認された場合、2029年に開始される可能性があります。

大阪が注目のサポートを見つける

カジノ提案に対する大阪のオンラインコメントフェーズは、来年の1月21日から2月21日まで実行されます。 国は、IRを主催するために地方自治体からの提出により4月末までに決定する予定です。

地元メディアによると、和泉氏は2022年1月1日から2023年3月31日までの期間顧問を務める。彼は国土交通省の元職員である。 GGRAsiaによると、和泉氏は菅元首相と安倍元首相の顧問を務めた。 どちらも日本のカジノ自由化政策の支持者でした。

大阪府当局は、夢洲で提案されているカジノ計画を含む地区開発計画の最終草案を来年の2月と3月に府議会に提出する予定である。 大阪はその後、4月28日の期限に先立って4月に日本国会に提案を提出する。
以下省略

o-kinix

つまり環境基準はクリアしてるということでしょう(笑)

ぽてちん

USJに関しては噂ではなく事実だわな。まぁ住金の戦前からの廃棄物処分場だったようなんで、不法投棄かどうかは?だけど…
米国ユニバーサルスタジオが土壌調査して六価クロムやらセレン、水銀なんかが見つかって、97年の9月に新聞・テレビでも報道されてましたね。
報道される直前にこの場所で最後に行われた大阪府の総合防災訓練に無理やり参加させられて土埃まみれになった後の報道だったんでよく記憶してます。ぞっとしましたよ。
その後の土壌入換えも報道されましたけど基準値を上回った土だけでしたね。基準値以下の土はというと,,, まぁ、この辺でやめときますわ。

ぷんぷい

>USJの地中には重金属とかが不法投棄されたまま、USJが出来上がったという噂です。

こんなこと書いて大丈夫?
営業妨害でUSJに訴えられるよ。
USJの決算書には土壌汚染は確認されていないって記載があるけどね。
今や土壌汚染は売主が処理するのが通例やけどね。

大阪都民

維新信者の中には勘違いしている人たちもいるけど、論点はなぜIR業者にだけ大阪市が責任を負うのかという話。大阪には夢洲以外にも舞洲、咲洲といったゴミの埋立で出来た人工島があり、それらの島にある民間業者に対しては大阪市は一切の瑕疵責任を負わないという特約を結んでいるんだよねw公平性を謳うならIR業者に対しても同様の特約を結ぶか、既存の民間企業に対しての瑕疵責任を負わない契約を無効にしないと「行政」としての公平性が担保されない。そもそも夢洲はそのような土地だと市は最初から把握しているはずなんだから、その分の費用も含めて負担してくれる業者を見つけるべきだった。自分も当初の夢洲IR案には賛成だったがここまでくるとね、、
とりあえず、上記の問題は白黒つけるべき。

USJの地中には重金属とかが不法投棄されたまま、USJが出来上がったという噂です。
夢洲も同様に土壌汚染に蓋をして、IRをつくれないのでしょうか。

サジャ

>大阪淀屋様、

そうですねぇ、ボロな公営住宅をボロのまま貸し出したら大問題ですものねぇ。
しかも元々健康被害のありそうな、例えばアスベスト剥き出しな物件を「はい、どうぞ」は無いですよねぇ。
これは貸し出す側の責任としてしっかり健全な土壌にし、出来れば35年と言わずそれ以降も更新されて「大阪に素晴らしいIRがある」と世界中に愛され続けられるようにして貰いたいです。
ところで・・29年に開業とはコロナの影響でと言われてもそれだけかなと思います。
万博跡地は速やかに更地にされます。このまま25年に万博なら26年には更地?
どうするのでしょうね。

ガンマ

2029年。
もっと早まらないかな。
けれども着々と前進しているのは嬉しいかぎりです。
反対派の方が良く言われる「ギャンブル依存症」ですがこのIRでしかりと
対策をとった「大阪依存症センター」が開設されるのは逆に朗報ではないのでしょうか?
また、中心街に位置しておらず人口島の隔離された地域での施設。
駅前のパチンコ屋のが景観の悪さや主婦を巻き込んで染み込むように依存症を増殖させていると思いますネ。
あと、建物はもっと目を引くモノになって欲しいかな。
うめきた2期はオーソドックスな箱ビルばかりなので。

大阪淀屋

壁は公聴会と大阪市議会の自民党、公明党だわな。
土壌対策で自民党、公明党がどういう態度を取るか。IRで自民はどうするのか。公明はIR反対
ヤフー投稿欄やマスコミの大半から土壌対策で松井市長は公約違反と叩かれまくりだが、貸す土地が傷物なら貸せないので貸す側が直すのは当然で、むしろ当時の工事の状況が法令違反がないか問題となってくるし、そもそもあれだけ長く放置した人口島をなぜ作ったか責任を問われてしかるべしだが、マスコミは一切報じていない。
調べていないが当時の市長は、議会はとなると自民党や旧民主党あたりブーメランとなる可能性高いが。
府市の議会の承認さえ得れば、これだけ計画が完璧なら国も認可せざるを得ないだろうから、大阪IR実現は間違いないと確信した。
SBIが大阪に設置するデジタル取引所も将来性が高く、欧米各地で現在設置が相次いでいるし、金融、IRを二本柱として高賃金サービス業を中心とする再都市化が進み、大阪の経済再生が実現すると考える。インバウンドは低賃金サービス業しか拡大しなかった。

福島区民

出資企業20社

岩谷産業株式会社
大阪瓦斯株式会社
株式会社大林組
関西電力株式会社
近鉄グループホールディングス株式会社
京阪ホールディングス株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社JTB
ダイキン工業株式会社
大成建設株式会社
大和ハウス工業株式会社
株式会社竹中工務店
南海電気鉄道株式会社
西日本電信電話株式会社
西日本旅客鉄道株式会社
日本通運株式会社
パナソニック株式会社
丸一鋼管株式会社
三菱電機株式会社
レンゴー株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です