MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)イオンモール横浜西口は2023年秋オープン予定!(仮称)横浜南幸地区共同建替事業



イオンモールは2021年7月20日付けのニュースリリースで、2019年に閉店した横浜駅西口近くの「ダイエー横浜西口店」跡地について、跡地の土地活用、建物計画に関して合意し土地を所有する権田金属工業と建物賃貸借基本協定を締結したと発表しました。

この開発事業は、権田金属工業と都市再生機構(UR)の共同事業で、権田金属工業が商業施設を、URが住宅施設を建築し、イオンモールは権田金属工業から商業施設を賃貸借します。商業施設は、2021年7月末に建築工事に着手する予定です。

【出展元】
権田金属工業(株)との建物賃貸借基本協定締結及び「(仮称)イオンモール横浜西口」建築工事着工について

 

 

計画地は横浜駅西口近くの敷地面積約7,000㎡で2棟のビルを建設。権田金属工業が商業施設を、URが住宅施設を、それぞれ開発します。

イオンモールは権田金属工業と賃貸借契約を結び、商業施設を運営。延べ床面積約35,000m²の新ビル内に、約20,000㎡の売り場を展開し「イオンモール横浜西口(仮称)」として2023年秋に開業する予定です。

開発コンセプトは『YOKOHAMA LIFE BASE』。隣接する「横浜ビブレ」と併せて横浜駅西口エリアの商業環境の賑わいに寄与し、地域利用者の日常を支えつつ、新たなニーズにも応える商業施設を創造するとしていますURは延床面積:約20,000m²、250戸の賃貸住宅を開発し、2025年1月の竣工を予定しています。

 

 

計画概要

計画名称:(仮称)横浜南幸地区共同建替事業
所在地:神奈川県横浜市西区南幸2-16
主用途:店舗、飲食店、共同住宅、事務所、駐車場
階数:地上22階、地下1階
延床面積:56,000㎡
建築面積:5,300㎡
敷地面積:7,054.25㎡
建築主:権田金属工業、都市再生機構東日本賃貸住宅本部
設計:大林組
施工:大林組
着工:2021年7月
竣工:2025年1月 ※商業施設は2023年秋開業予定

◆商業施設
名称:(仮称)イオンモール横浜西口
建物設置者:権田金属工業
運営管理者:イオンモール
延床面積:約35,000m²
総賃貸面積:約20,000m²
開業予定:2023年秋

◆住宅施設
名称:未定
建物設置者:UR(都市再生機構)
延床面積:約20,000m²
戸数:約250戸(賃貸住宅)
竣工予定:2025年1月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です