【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

「HAY OSAKA」が大阪中之島美術館にオープン!デンマークのインテリアプロダクトブランド直営店が大阪初進出【3月18日(金)開業】


デンマークのインテリアプロダクトブランド「ヘイ(HAY)」が、2022年3月18日(金)、国内2店舗目となる直営店「HAY OSAKA」を大阪中之島美術館にオープン!

店内は、家具や照明、雑貨と、多岐にわたるHAYのプロダクトの魅力を様々な側面から紹介する為に3つのエリアで構成、コンテンポラリーかつカラフルなホームアクセサリーが並ぶ「MARKET」、デンマークにあるHAY HOUSE1区画を切りとったような「ROOM」、さまざまなプロダクトが揃い実際に体感できる「MUSEUM」などがあります。また、フランス出身のロナン&エルワン・ブルレック兄弟によるアウトドア家具の新作コレクション「BALCONY」などを展示販売されます。

 

【出展元】
3月18日(金)「HAY OSAKA」が大阪中之島美術館にオープン

 

 

 

 


店舗の内装ディレクションはプロダクトデザイナーの倉本仁氏が手掛け、設計協力としてイイジマデザインの飯島靜氏が協力。内装設計を専門とするデザイナーとは異なる、プロダクトデザイナーとしての特異なアプローチから、大阪の地域文化や地場の素材を取り入れつつ、HAYの魅力を空間として表現しています。

内壁に用いられた金網フェンス。東大阪の工場で製造したものにHAYのシグネチャーカラーを乗せて明るく再構築。屋外に設置されるHAYロゴが回転するサインポールは日本の床屋由来のフレンチトリコロールの回転灯にインスピレーションを得てデザインされています。店内の特注什器は、日本の人気コミックに登場する道具から着想を得ており、膨らみのあるインフレータブル仕様となっています。

ブランドが持つコンテンポラリーな側面に日本のローカリティを混ぜ込み、またHAYらしい豊かで穏やかな暮らしの空気感もしっかりと感じてもらうことができる、二つの側面を同時に体験できる空間となっています。

 

 

 



HAY OSAKAではオープンを記念し、デザイナー クララ・フォン・ツヴァイベルク(Clara von Zweigbergk)とコラボレーションしたノベルティトートバッグ、ギフトボックス、メッセージカードを用意。アイコニックなノベルティトートバッグは税込5500円以上の購入者を対象に先着順で配付します。2月に開館し大きな話題となった大阪中之島美術館ですが、新しいショップの登場により、さらに賑わいを増しそうですね!

 

 

HAY OSAKA
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4丁目3-1 大阪中之島美術館 1F
営業時間:月・日 11:00~17:00 火~土 11:00~20:00
定休日:不定休


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。