【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

JR西日本が、大阪駅地下ホーム(通称:うめきた新駅)に顔認証改札機を導入、3月18日より実証実験を開始!

 



JR西日本は2022年12月21日付けのニュースリリースで、大阪駅地下ホーム(通称:うめきた新駅)に顔認証改札機を導入し、3月18日より実証実験を実施することを発表しました!

同社は、顔をキーとする新たな「チケットレス認証手法」を検証し、デジタル技術とリアルを組み合わせた、次世代のシームレスな移動サービスの構築に向けた挑戦と位置づけ、顔認証改札機を開発しました。

【出展元】
大阪駅(うめきたエリア)で顔認証改札機の実証実験を開始します!

 

 



今回、大阪駅地下ホームに設置する顔認証改札機は『近未来を感じさせる革新的なデザイン』で、足下のプロジェクションマッピングやサイドディスプレイなどの映像演出によりワクワク感を体験できるほか、ゲートを設けず、同時に入出場が可能な、これまでに無いウォークスルー型改札機になります。

 

 



今回発表されたJR西日本の顔認証改札機は、広い通路に入出場を同時に処理でるもので、ICカードの入場と遜色がない非常に高速な処理を実現しているハイスペックなマシンです。鉄道技術展で実際に自分の顔を登録し、実際に改札機を通過してみましたが、メチャクチャ処理が早くて驚いた記憶があります。

ただ、このマシンはメチャクチャ大きく、インパクト重視でサイドモニタやプロジェクション案内などが装備されており、デモンストレーションの色が強い物となっています。将来的には大阪メトロの様な現実的なマシンに変わるのではないでしょうか?

JR西日本は実証実験を通じて、顔をキーとする新たな「チケットレス認証手法」を検証する、としており、将来的に顔とクレカを紐付けた「フェイスペイ」を開発するのかもしれませんね。

 

 


顔認証改札機は、2023年3月18日に開業予定の大阪駅(うめきたエリア)に実証実験として導入され、新大阪駅東口改札にも簡易的な顔認証改札機を設置し、大阪駅~新大阪駅間で実証実験を行います。大阪駅~新大阪駅間を含むICOCA定期券を持つ人からモニター参加者を募集する予定で、2023年2月頃に実証実験の詳細やモニターの募集方法を発表するとの事です。

あわせて読みたい

大阪メトロが実証実験中の『顔認証改札機』が更にバージョンアップ!女優ミラー型ライトで顔を明るく照らす



大阪メトロが実証実験中の『顔認証改札機』がバージョンアップ、顔パスでウォークスルー通行が可能に



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。